Going my way

赤西仁君を応援するカオリのブログです♪彼の笑顔が耐えぬように..ただこの願いが少しでも届きますように★☆全ての想いを引っくるめて「仁、ありがとう」 
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ Love factoryTOPKAT-TUN ≫ Love factory

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Love factory

あの衝撃が流れた25日から、たくさんの想いに触れた気がします。
それで私が感じたこと。

KAT-TUNって何て愛が溢れているんだろうってこと。
メンバーも仁もそしてファンも。

そこに共通してるものがあるとすれば、“愛”です。

いろいろな形の愛があって、想いがある。
人間だから当然のこと。

好きって根っこから生まれる想いがたくさんあります。



ブログのタイトルは、Love factory(愛の工場)
(ある歌を聞いてこれだって思いました(笑))

好きって気持ちから生まれた、たくさんの愛。
みんなが持ってる心という工場から生まれた愛。
次々と溢れ出てくる、愛あるかこその想い。

私は凄く、この二日間で感じました。

仁、KAT-TUN、ファンの想い、仁ファンの想い、5人のファンの想い。



そして以下は
私のLove factoryから生まれた素直な気持ちです。








※お返事遅くなって本当にすいません
 (しばし、お待ちを

PS.はるちゃん、仁美さんのコメレスのみ、お先に返事上げています!





KAT-TUN、仁に出会って5年が過ぎた今。
ずっとずっと好きだから、本当は分かっています。
みんなで手を取り合って、いろんなことファンと一緒に乗り越えてきたから。
大好きな仁の気持ち、KAT-TUNの気持ち。
本当にイヤってほどに分かります。
みんな、みんなKAT-TUNのことを想っている。
愛して、大切にしてる。

だからこそ納得できない部分があるんですよね。
KAT-TUNは六人でKAT-TUNだと思っているからこそ、
今回の日程やスケジュールに「何で?」って疑問が沸いてきました。
(これは皆さん思ってることですよね)
少しでも参加することできなかったのかな?調節できなかったのかな?って何度も思いました。

きっとね、そこにね仁やKAT-TUNの想いがあるんですよね。
中途半端にはしたくない。
彼らがステージに立つ気持ちは半端な気持ちじゃない。
特に、仁はアメリカ(世界)に挑戦するんだから、中途半端にKAT-TUNの活動に出て
ロスでの活動に少しでも支障を及ばすのはイヤだったんですよね。
みんなのことだから、仁の妥協したくない気持ちを分かってくれて、何より彼の夢を理解して
快く「納得」した上で仁の背中を押してくれたんですよね。
ファンが寂しく思うことも、仁やみんなはもちろん考えた。
けど、仁はチャンスや夢をどうしてもあきらめきれなくって、渡米。
全て分かってのことだから、仁にできることは全力で良いものを作って、認めてもらえて
それをKAT-TUNって場所でまた披露しようと考えてくれたんじゃないかな?
彼が発信してくれるもの、それが仁にとってのKAT-TUNへの愛、ファンへの愛。

そして、KAT-TUN、ファン、そして何より自分の夢を考えた、この2つの別れたけれども繋がった道。
未来のKAT-TUNの幸せや夢を持っての答え。
目先のことじゃなく、ずっとKAT-TUNでやっていきたいって思ってるみんなの答え。
だからこそ、仁がKAT-TUNを抜けて戻ってこないとか絶対に有り得ないことだと私は信じてる。
みんなの想いがちゃーんとあること、私はわかってる。
あとね、これはあんまり見かけなかった意見だけど、仁は家族想いですよね?
仁のママ、パパが愛する息子に抱く夢は何でしょう?
彼を芸能界への道を快く認めてくれた親御さんだから、仁がやりたいこと、夢を掴んで欲しいっていうのが
ご両親自身の夢でもあるって思います。
そんな家族の想いも仁は見越していますよね?



本当にKAT-TUNにどれだけ感謝しても本当に足りない。
ファンのことを想ってくれたこと、辛い道を仁のために後押しをしてくれたこと。
そのおかげで最終的に仁、ロスへ挑戦することを選んだ。
仁もKAT-TUNのこと、たくさん考えてくれたと思います。
だって、ずっとずっと一緒にKAT-TUNやってきて、大切にして大切にされて、
こんなにも仁のことを考えて後押しを2度もしてくれたんだから。
その想いを考えない仁じゃない。
もちろん五人のKAT-TUNを見るのが辛いってファンのことも考えたし、仁のファンのことも考えて悩んでくれた。
だって、それはずっと彼なりにたくさん発信してくれたことがたくさんあるからわかりきってる。
全て、全て考えて、仁の夢もKAT-TUNもファンも大切に想って悩んで葛藤しての答え。
(これは残されたKAT-TUNにも言えること。)

だからさ、分かってる。すごく分かる。みんなの気持ち、本当に分かる。
私の気持ちがモヤモヤして泣き出したくなるのは
“寂しさ”があるからこそなんですよね。
他のファンの方もそうだと思う。
寂しさがいろんなこと隠して鈍らせて行くんですよね。
コンサートだって本当に喜ばしい朗報なのに、複雑になってしまう。
ファンにとっては喜ばしい、楽しみでワクワクすることなのに
一人抜けることで現実上の目に見える寂しさで見失ってしまう。

六人での凄さや素晴らしさは誰もが感じてるし
特に私は仁が好きだから、正直すごく寂しいです。
さっきも言ったように、みんなの思い全て理解した上だけど
“寂しい“これは隠すことできない本音です。
もちろん、5人のKAT-TUNを応援するし、仁も応援することは絶対に変わらない。
みんなのこと信じる気持ちは変わらないし、頑張って飛び立とうとしてること凄く伝わってくるし、未来に不安はない。
けどさ、普通に寂しいって気持ちはどうしても消えてくれそうにありません。

今回はお仕事って肩書きがあって休業じゃないこと分かってるし、マニュアルとか、雑誌への露出もあるんだと思う。
けどね、仁が日本にいない寂しさはあの留学でたくさん思い知った。
たぶん、好きの気持ちが大きくなった今となってはあの頃、以上かもしれない。
頑張ってる5人には、申し訳ないことだけど、そこにいるべくはずの仁の姿がいないこと、どうしても寂しいって感じずにはいられない。
だってさ、みんなのこと応援して分かっていて信じていても
好きな気持ちが大きい分、付きまとってくる感情だと私は思っています。
仁やKAT-TUNがいろんなこと頑張って戦ってる壁があるとすなら
私はこの“寂しい”って気持ちを仁が戻ってくるまで私自身と戦わなくちゃいけないですよね。
(すいません、言いすぎですよね
そりゃぁ、前も乗り越えられたし、好きだから乗り越えてみせるけど
また、弱音とか吐くんだろうなぁ


後ね、私は全部抱きしめようって思っているんです。

正直、辛いことも。
今回のことに批判している人の意見も。

六人のKAT-TUNに拘るファンがいることも。
(だって、それだけ六人のKAT-TUNを愛してるから、認められないから)
仁に対して怒りを覚えている5人のファンも。
(だって、それだけ自担のこと愛してるから)
他にも、同じファン同士のこと思って、仁に怒りを覚える人の気持ち。
自分しか考えてない人の気持ちも。
(これは、本当に理解し難いけど)

どれが間違って正しいとかじゃないような気がするんですね。
愛とは何か?
愛っていうのは何にでもないと思う。
それはイコール、何にでもなるってこと。
いろんな形があるってことなのかって最近思うようになってきました。

だってさ、仁もKAT-TUNもこういう気持ちを抱いてしまうファンのこと全て考えて、歩き出して今頑張ろうとしているんだから。
本人達はそりゃぁ、分かってくれないこと辛いけど、それでも大切なファンだと思ってくれているだろうから。
本当に本当に全て、考えて胸に入れて、悩んで葛藤して6人で出した答えなんだから。
ファンに寂しい想いをさせてしまってるってこと、仁もみんなも本当に心を痛めながら出した2つの道。
だから私も、”寂しい”って気持ちだけじゃなくちょっとずつでも歩いていこうと思うんです


そりゃ、正直理解できない考えがあることは確かだけど
色んなファンの想いを胸に入れてみようって思うんです。
好きだとは言えません。(ってか会ってないファンのほうが圧倒的にいるわけだしね?)
けど、私にとって大切な人たちには変わりないです。
KAT-TUNをこうして応援できること、仁をいろんなとこで感じれて応援できたこと。
何度も言ってるけど、ファンあってのKAT-TUNってこと、これは変えられない真実。
(私が言うのはおかしいし、これはKAT-TUN自身が私、以上に感じてることですよね)


全部抱きしめて歩いていきます。

仁の気持ち。

みんなの気持ち。

ファンの気持ち。

そして何度も自分の心と会話した消せない複雑な想い。

そして何より仁が大好きだってこの想い。

いろんな、たくさんの想いを。



受け入れる...それは絶対にできることとは言えない。

けどさ全部、全部抱きしめて歩くことで見えてくることあります。

感じることたっくさんあるはずです。




さぁ、他のファンの方は自分のLove factoryにどんな愛を生んで育んでいくのかな?



愛する想いは、絶対に裏切らない。
幸せだったって思える日がいつかくる。
どんな胸の気持ちでもそれが本当の愛なら、心が穏やかになる日がいつか来る。

私はそう信じています。




みんなのこれからにたくさんの幸せが降り注ぎますように。


みんな、みんな笑っていますように。





それから、KAT-TUNのライブに応募することは決めかねています。
上にも書いたように、5人のKAT-TUNを直視することができるかわからないんです。
仁のいない現実を見て応援できること、私にできるかどうかわからないんです。
見て応援したい気持ちもあるんですけど、もしそこで泣いてしまったらKAT-TUNに申し訳ない。
KAT-TUNの気持ち全て分かってのことですが、溢れ出る気持ちは止めたくても止めることができないと思うんです。

後、仁のロスでのライブなんですが.....
行けたらいいなって思っています。
気持ちだけで行けるところじゃないと思います。
応援しに行くのに、お金という現実問題が降りかかってきます。
けど、どうしても会いたいって今でも思っているんです。
無謀なことだけど、会いに行かないと今回ばかりは後悔が残りそうです。
きっとね会いたいって気持ちに、心も体も支配されると思います。
仁が作った世界を見たい、頑張る姿を見たいってのあるけど
仁を好きになってから変わってない。
“会いたい”って何よりもその気持ちがあってコンサートに行くこと。
(こんなこと言っちゃ、ファンじゃないかもしれないけど)
そのために、もちろんお金を貯めるけど、この勢いでいったらマジでローンするかも(え)
まぁ、現実問題あって最後まで悩んでみるつもりですが
私の決断がついたら、ここで再度、報告します。
(やっぱり、どうしても海外ってなると勇気がいるし、同行者募集したいなって考えているんです。)





はぁ.....随分と打たれ強くなったかもしれませんね(笑)
25日の日に、親友ちゃんと電話して散々と本音聞いてもらってスッキリもしてたし
亀ちゃんファンの親友ちゃんにも、直接会って、お互いの本音を話してきてスッキリしたけど
ここで、また本音を語ると違ったスッキリ感がありますね。
(まぁ、全部気持ちが追いついてるとはいえないんだけど)

何度も言うけど、いろんな方の意見があると思います。
私の記事に批判する方もいるだろうし、「キレイ事、言ってんじゃねーー!」、本当にいろんな意見があると思う。
(特に私は仁に激甘だし、厳しくならなくちゃいけないところもあるだろうってとこも)

全部分かってるつもり。
本音をあげるのは勇気がいるけど、私は自分の気持ちを大切にしたいです。
こんな奴もいるんだって、貶してくれたらいい。
(けど、批判コメントはお断りします。心の中だけで好きなように思ってくれたらそれでいいです。)



ここまでお付き合いして下さった方、どうもありがとうございます。
気持ちが一杯一杯で必死すぎたので駄文、申し訳ないです









改めて、おめでとう



KAT-TUNおめでとう



やっぱり一番最初に出てきた気持ちが正しいのかな(笑)

寂しいけど、本当に嬉しいことでもあるんだよ

だって、仁の夢が叶ったんだから。

泣いて喜べるくらい嬉しいんだよ。

たくさん反論はあると思う。

でも、私たちのこと考えて大切にしてくれてないわけじゃないから。

どんな時も味方だよ。

例え、仁のリアルな言葉を聞けても私は絶対に仁の味方だし

応援したい気持ちは絶対に変わらない。


ありがとうね、仁。

切ないけど、そう想えるのは仁だからだよね。


頑張ってね、楽しんでね。

誰よりもキラキラに輝いて、

世界を魅了して、世界が羨むくらいの笑顔を見せて欲しい。

仁の笑顔、仁の幸せ。

これが私にとっての道しるべであることは変わらない。

仁、ありがとう。


大好き、大好きだから。

この気持ちは永遠に変わらない




そして、KAT-TUNのみんな。

世界進出おめでとう。

喜ばしいことなのに複雑な私の気持ち許してね。

こんなファンでごめんね。

でも応援してるから。

仁のこと、本当にありがとう。

私たちのこともたくさん考えてくれたよね?

ありがとう。


みんな、いっぱい愛してくれてありがとう。


共に頑張ろうね?



仁、KAT-TUNへ


本当におめでとう


























スポンサーサイト

Comment

No title
編集
イチゴちゃん本当に辛いよね寂しいよね
仁君もカツンも好きだから余計にね
私もカツコンには参加しません
仁君に堪らなく会いたくなると思うからね
私もロスに行きたいよ(イチゴちゃんの保護者として)
でも旦那や息子が居るから行けないよ(泣)


仁君はほんと茨の道を行く人だよね
でもそれが仁君を強く優しい心の人に成長させてるんだろうけどね
やっぱり半端な事出来ないからの決断だと思うからこそ
ファンには分かって欲しいなと思うんだけどな・・・

でもカツンアジア進出
仁君ロス進出ってすごい事だな~って誇りに思っても良いよね
おもいっきり良いもの魅せてよね仁君もカツンも!
2010年03月27日(Sat) 17:42
泣けた…。
編集
イチゴちゃん、こんばんはv-10
ブログコメント欄外してて、ごめんね…v-406
まだ、すっきりしない部分もあるけども。
「婚カツ!」のたっちゃん見れば直ると思うv-221
もう!仁は、いつもファンを心配させる人だけど…
だけど…やっぱり、6人が好きなんだよね。
だから余計に気持ちが複雑になってるんだよね。
アメリカと言えば…GLAYもやったし、Xもアメリカに拠点を移して
海外進出したなぁ…。
そういえば、Xの時はアメリカって言われても全く動揺なんてしなかった。
今でも、普通にファンやってる。
そう思ったら、私は何をブ-たれるのか!?
何をいじけてるのか…。
でも、やっぱり寂しいのは寂しい!!!!
でも、でも、でも!!!頑張って元気になるって約束するよ。
PS…「ガリレオ脳研」で見た、ゆっちの瞳はとても輝いてたよ。
あの瞳の輝きを、私は信じる。
彼らは、決してファンを裏切らないと…。
寂しいのは、メンバ-も同じだからね。
イチゴちゃん、素敵な記事をありがとうv-238
2010年03月27日(Sat) 22:35
仁美さんへお返事です♪
編集
コメレス遅くなってごめんなさい(><*)

仁美さん...もう、本当に辛いし寂しいし、複雑すぎますよね(泣)
みんなが仁が好きだからこそなんですよね。
あまり暗いく考えない方がいいのかもしれませんが、
私はどうしても落ちこんでしまうときは、ムリに明るくならないで良いと思うんですよね。
だから泣きたくなったら思いっきり泣こうって思っています。
直接そばにいることはできませんが、一緒に涙や寂しさを乗り越えて
6人が揃って、みんながみんな笑顔になる日を信じましょうね。
私たちファンじゃなく、仁もKAT-TUNも寂しいと思ってますし、少しでも進めるようになると良いですよね。
どうか、仁美さんが今、笑っていますように。


そうですか...仁美さんはKAT-TUNの方のコンサートには参加されないんですね。
私も行きたい気持ちあるんですが、5人のKAT-TUNを直視できるかどうかが不安なんですよね。
でも、それでも5人には感謝してるし、頑張ってる5人を目に焼き付けてくるのもありだし、何より“ありがとう”の気持ちを伝えたいなって思っているんです。

それからロス公演なんですが、色々な事情と理由があって、断念しざる終えなくなりました。
本当に本当に今でも仁の顔が見たくて会いにいきたい衝動に駆られるんですが
私たち、KAT-TUNには未来がある。必ず会える日はやってくるので、今は思いっきり泣いて、次会うときに思いっきり嬉し涙流そうと思います(笑)
それにロスに行くだけが、仁を思っての行動じゃないですもんね。
愛を持って応援すること=何が何でも会いにいく
これは間違ってるなって思うんです。
仁美さんのお言葉はすごーく嬉しかったです(^^*)
今度6人組のKAT-TUNに会いにいけるときは、保護者でも何でも良いので仁美さんとお会いできたらって思います♪
後々、やっぱりって思っていたんですが、仁美さんはご家庭を持たれているんですね☆★
きっと、そうだろうなぁ~って以前からなんとなく思っていたのでちょっと嬉しかったです(笑)

そうですよねぇ....仁は茨の道を行く人ですね(*´⌒`)
もっと上手い方法はあったのだろうけど、そこらへんは仁も頑固だと思うし(笑)
本当に不器用すぎるというか、真っ直ぐすぎると言いますか。
今回のことも、繊細な人だから見せないだけで傷付いてること多々あると思うんですよね。
辛い道を行くことで仁の内面が磨かれることは変わりないですが、もう十分に優しさも強さもある人だし、笑っていて欲しいなって願ってしまいます。
ファンに分かって欲しいこともきっと、たくさんありますよね。
人間ですし、分かって貰える人にだけじゃなく、たくさんのファンにね。
特に自分のファンには分かって欲しかったんじゃないでしょうか?
ソロコンのあの一体感あって、きっとファンのこと信じてくれていたんでしょうね。
あぁ...何かまだボロボロと言いたいことたくさんありますが、これからゆっくりブログの記事で上げていくとします(笑)


今回の複雑すぎるコンサート事情あってか見落としやすいですが
仁のロス進出も、KAT-TUNのアジア進出も、本当に素晴らしく凄いことですよね(o^∀^o)
両方、やりたくっても、中々、叶うことじゃありませんからね~。
本当に私たちが大好きな人は誇らしいですよねi-189
大丈夫って信じていますけど(笑)、こうして複雑な気持ちを抱えているファンがいるってこともKAT-TUN自信、承知の上の今回の2つのライブですし
ファンのことを想ってくれてるなら、発信してくれるライブがファンへの愛だと思っています。
だから世界を魅了するくらい、素晴らしいライブを作って欲しいですね(^^*)


あぁ...もう今回も長々とコメレスお付き合いして下さってすいません(><*)
ではでは~またいつでも話しかけてあげて下さい!






2010年03月29日(Mon) 23:51
なまけちゃんへお返事です♪
編集
なまけちゃん、こんばんは!
コメレス本当に遅くなってすいません(><*)
それから、隠しコメントの方とまとめてレスさせてもらいますね!

正直なところを言いますと、あの隠しコメントの方を頂いたとき、ちょっと胸がズキンとしました。
でも、なまけちゃんの5人を想う気持ちあってのことですし、今回のこと仁のファンである私としては、ちょっとでも仁のこと応援して下さったら...としか言えません(><*)
仁の夢を後足をすることで、5人の負担があることは、彼自身も分かっていただろうし、
けどそれでも、5人ならやってくれるってお互いの信頼関係から生まれた今回の、2つの答えだと思っているです。
けど決してファンのことを考えなかったわけではなくって、いっぱい、いっぱい悩んでくれたと思うんです。
仁のソロコンのパンフにこんなことが書いてあったんですけどね。
「ファンの要望に沿えないこと=ファンのことを想っていない」では決してないって言ってくれているんです。
それは仁だけじゃなく、他のメンバー全員にも言えることだと思うんです。
だから、今回のことは神様がイジワルしたと言いますか、試練を6人に与えただけだと思うんですね。
何か....押しつけがましく私の考えばかり書かせてもらってすいません(><*)
でも、新しいコメントでは少しなまけちゃんの気持ちがいい方向に行ってるようで安心です。

わかります、なまけちゃんのお気持ち。
私が仁以外の誰かのファンだってことを考えたら、凄く複雑になってきます。
好きだから寂しさが大きくなっていく、これは仕方がないことだと思います。
(現に私もそうですし(汗))
今は辛いと思いますが、仁が戻ってこないとかは絶対にないと思いますので
6人のKAT-TUNが見れる時まで、お互い頑張りましょうね。
ゆっちだって、亀ちゃんだってみんな、色んなことに期待を胸に入れつつ、不安もあると思うので、私たちが出来る事って言ったら、応援することだなぁって思うんです。

どうか、どうか、なまけちゃんが一日でも早く笑顔になること祈っています。

そして、今も未来もみんなみんな笑っていますように。

2010年03月30日(Tue) 01:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

カオリ

Author:カオリ
ブログ訪問ありがとうございます≧∀≦♪
赤西仁君が大好きなカオリのブログです★☆
※2012年、5月に管理人の気分により改名致しました!


仁君への想いを恥ずかしながら正直に綴ることを
モットーにしています(≧∀∩)
こんな私ですがどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

★☆お友達も募集しています☆★
コメントやメールもお気軽にどうぞ(^^*)
レスは遅くなるときもありますが(汗)
必ずさせてもらいます♪♪

※コメントは認証制ですのでご了承下さい。
管理人の判断でブログのコメントとして
相応しくないものは削除させて頂きます。



ジャニーズブログランキング

ランキング参加しています(*^^*)
よろしくお願いします








★☆クリック募金☆★

仁が望むこれからの未来...WORLD PEACE(世界平和)のために
今、私たちが出来ることを!!
興味がある方はこちらの方も一度目を通して下さると嬉しいです。
どうぞ、ご協力お願いします(><*)













クリックで救える命がある。
























カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
゜+☆Thanks for coming☆+°
☆★管理人カオリへメール★☆
お問い合わせなど、お気軽にどうぞ♪(*^^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。