Going my way

赤西仁君を応援するカオリのブログです♪彼の笑顔が耐えぬように..ただこの願いが少しでも届きますように★☆全ての想いを引っくるめて「仁、ありがとう」 
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ HAPPY BIRTH DAY じゅんのTOP赤西仁 ≫ HAPPY BIRTH DAY じゅんの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

HAPPY BIRTH DAY じゅんの


HAPPY BIRTH DAY 24TH じゅんの田口淳之介


24歳のお誕生日おめでとう、じゅんの
そして、タグチャー(合ってますか?(笑))の皆様おめでとうございます(*^^*)

改めて...24歳のお誕生日おめでとう、じゅんの(^^*)
じゅんのも...年齢だけで見ると大人ですよね(笑)
いや、決して子供っぽいわけでもないんですけど、じゅんのって私の中で
凄い大人で落ち着いて冷静な人だなぁって思うところがあるんですよね。
あの爽やかなスマイルと温厚な雰囲気がそんなことを感じさせないようにしているだけで
一番、冷静に物事を捉えて、周りの状況とかも良く見てる人だなぁって。
あの爽やかなスマイルの裏に隠された、冷静さやしっかりさ、
後は心の傷だとか本当はたくさんあるんだろうなぁっと思ったのは、いつかのアイドル誌で思ったかな。

こんな風に言ってたというニュアンスで捉えて欲しいんですけど、確か....
「辛いことや、悲しいことがあってもできるだけ出したくない。そのせいで周りを悲しい気分にさせるの嫌だからね」ってポツリと言っていたことがあったんですよね。

きっと、ほとんどの人が思ってることですよね。
大切な人だからこそ、心配かけたり悲しい思いをさせたくない。
けど、そう思ってもそれを完璧に隠せる人ってどのくらいいるんだろうって思います。
私もじゅんのと同じような考えを持っているんで、親友ちゃんとかにでも、あんまり辛いところや悲しいところは見せないようにしているつもりなんです。
今年の惑星魂やっていた5月の頃だったかな?
仁が絡んだ悲しい出来事を、親友ちゃんに教えられて、初めて知って
もう、自分の心がコントロールできないぐらいにボロボロと泣いてしまったことあるです。
(たぶん、あんなにボロボロ泣いたのは初めてかな)
涙を止めようって必死に思っても涙が止まらなくって、親友ちゃんになだめられてる時に
親友ちゃんの言葉に凄いグサっと来た言葉があったんです。
「私、最悪。友達泣かしてしまうとか有えへん」って親友ちゃんが自分のこと攻めて悲しませてしまった時があったんですよね。
その後、落ち着いてから思ったんですけど、弱さを見せない強さって大事だなって知ったんですよね。
中途半端に悲しみや心の傷を隠すのが一番ダメだって事。
誰かを思って悲しみを隠すなら、完璧に絶対的に隠し通すことができないとやったらダメだって。

で、たぶんじゅんのは、完璧に隠し通す強さと優しさがある人なんですよね。
だからアイドル誌であの言葉を聞いたときに何て心が優しい人なんだろうって感動しました。
大切な人を悲しませない為なら、自分の悲しい心にも打ち勝てる、そんな優しい強さ。
本当のところは傷付いたことや、辛いこともたくさんあったと思うんですけど
いつもポジティブな捉え方をして、周りを元気付けるというか。
じゅんのの弱さだとか、辛そうなところも一度も感じたことなかったし...
そう言えばドームコンの写真集のインタビューだったかな?
東京ドーム三日目ぐらいに足が痛くってサポーター付けてたって言っていたんですけど
私、全くそんなこと知らなかったし、ファンの人も気が付いてなかったと思うんです。
だからそれを読んだときもビックリして、頑張ったなぁ、凄いなぁって。
ファンに心配かけさせないために、きっと何倍以上も動き回ってファンを楽しませてくれていたんですよね。
あのポジティブさって凄いなぁって思っていたんですけど、やっぱり人間です。
辛いことに心が傷まない事なんて決してない。
強い人が傷付かないってことも決してない。
じゅんのの優しさ故のあのポジティブさ。
うん、本当に本当に優しい人。
KAT-TUNっていろんな優しさを持ってる人だなぁって思うんですけど
じゅんのらしい優しさって一番見つけにくいところにあるんですよね。
あのお決まりのダジャレもファンや場の雰囲気を楽しませようって思ってじゅんのなりにやってることだろうし、私、じゅんののダジャレ結構好きなんですよ(笑)
(寒いけど、じゅんのの優しい心が伝わってきて好きです(^^*))
たぶん、その優しさは心の広さから来てるものなのかな?
じゅんのって本当に心が広いですよね。
心が広い分、いろんなこと許せたり、優しくなれたり、思いやりに溢れてると思うな。
この心の広さは、個人的にすっごく尊敬できるところです
だからこそ、メンバーには、いじられキャラの愛されキャラなんですよね(^^*)

で、私がじゅんので好きなところは、あの爽やか王子スマイルなんですよね♪
惑星コンのソロで歌って踊っている時のあの笑顔を見て感じたんですけど
私のタイプドストライクッ!!だったってことなんですよ。
もう、とにかくキラキラで爽やかでかっこよくって、見事にはまってるから
すっごく不思議な感覚だったんですよね。
何で、私じゅんののファンじゃないんだろう?って(笑)
たぶん、私、仁へ特別な思いを抱かなかったら、確実にじゅんののファンだったと思います(爆)
そんな爽やかスマイルも好きだけど、みんなとワチャワチャと豪快に笑ってるところも好きです。
誰か笑ったら、周りも笑い出して、その人の周りには笑顔で溢れてるような...
KAT-TUNみんなの魅力的な笑顔が集まるあのワチャワチャな雰囲気は
みんなが作り出すものでホントに良いですよね(^^*)

で、仁は、じゅんのとは良いコンビですよね
いろんなところで感じるんですけど、このじゅんのと仁の絡みも大好きな私でして
たぶんこれも、アイドル誌だったかな?
じゅんのが仁の頭にポンって手を置いてるショットがあったんですけど
そのじゅんのの表情がめっちゃくちゃ優しくって、悶え死にそうになったことがあります(笑)
結構、仁ってじゅんのには裏で甘えてるところもあるし、しっかり者のじゅんのに
仁から相談持ちかけたりってこともあるようで...。
2人がアイドル誌とで自然に絡んでるところを見たりすると、また仲が深くなったんだろうなぁって微笑ましく思うんですよね(^^*)
じゅんのはいまだに仁のこと「赤西君」って読んでるけど、この呼び方もなんか好きなんですよね♪

うーん...仁は今年もまた、何もやってそうな感じがしなくもないけどメールぐらいは送ってるのかな?(^^;)
いまだにメンバーのメルアド1つ知らない仁だけど、そんなマイペースな仁だけど
どうか、仁の良き理解者でいて、これからもどうぞ仁をよろしくお願いしますm(_ _)m





改めて24歳、おめでとう(*^^*)

私の大好きなさわやかスマイルがたくさん溢れる年でありますように
じゅんのにとって素晴らしい年となりますように♪



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

カオリ

Author:カオリ
ブログ訪問ありがとうございます≧∀≦♪
赤西仁君が大好きなカオリのブログです★☆
※2012年、5月に管理人の気分により改名致しました!


仁君への想いを恥ずかしながら正直に綴ることを
モットーにしています(≧∀∩)
こんな私ですがどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

★☆お友達も募集しています☆★
コメントやメールもお気軽にどうぞ(^^*)
レスは遅くなるときもありますが(汗)
必ずさせてもらいます♪♪

※コメントは認証制ですのでご了承下さい。
管理人の判断でブログのコメントとして
相応しくないものは削除させて頂きます。



ジャニーズブログランキング

ランキング参加しています(*^^*)
よろしくお願いします








★☆クリック募金☆★

仁が望むこれからの未来...WORLD PEACE(世界平和)のために
今、私たちが出来ることを!!
興味がある方はこちらの方も一度目を通して下さると嬉しいです。
どうぞ、ご協力お願いします(><*)













クリックで救える命がある。
























カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
゜+☆Thanks for coming☆+°
☆★管理人カオリへメール★☆
お問い合わせなど、お気軽にどうぞ♪(*^^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。