Going my way

赤西仁君を応援するカオリのブログです♪彼の笑顔が耐えぬように..ただこの願いが少しでも届きますように★☆全ての想いを引っくるめて「仁、ありがとう」 
2010年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年08月
ARCHIVE ≫ 2010年08月
      
≪ 前月 |  2010年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

赤西仁 始動

何で、今日なのか気になったけど区切りが良いからかな。
明日から、9月。
何か、動きがありそうかな?
待たされまくっている朗報とかどんどん更新してくださいねーーー!!!

あと、色々と期待して願っている部分とかもあるんだけど
これ、ないわけがないよね?(笑)


うん...大丈夫。
最初、KAT-TUNページに仁の名前が消えたときは
何とも言えない気持ちになったけど
今はちゃんと気持ちが前に向いている。
(即、変更しました!)
さぁ、どこまでも赤西仁に着いていこう!











スポンサーサイト

Jin Akanishi music talk&TOKYOWEEKLYENDERに赤西兄弟


こんばんは~☆★
まだまだ暑いのに、明日で8月だ最後だなんて信じられませんよね(汗)
しかも、明日は仁のマニュアルが更新日であり....
マニュアルはずっと届けてくれるのかな??
もし更新してくれるなら、仁らしい言葉でまた色々と伝えてくれたらいいのになぁ。
(聞きたいことがたくさんある!)


ってことで、題名にも上げたmusic talk.
今回はLOVE JUICE
(久々にこんなに強調させてみた(笑))

私ね、この曲、大好きです(笑)
とにかく、一時期はまりすぎてどうしよう~状態だったぐらい!
(6時間ぐらい、続けてワンリピートの嵐(爆))

インタビューでは初まり、下ネタ系で始まっていたけど
最終的な仁の妄想までエロイ感じだったから、ちょっと笑ってしまった
(この子、妄想の世界にのめり込んだりしているんだろうか(笑))
けど、あのインタビューアーさんが積極的に聞きだしたから、
仁も恥ずかしそうに笑っていたりして、可愛くって癒されました(><*)
(可愛すぎるじゃないかー!コノヤローー!(笑))

けど仁曰く、LOVE JUICEはカクテルの名前から取ったもののようで。
確かドンチューが発売された時もテレビ誌で私たちが想像しているようなものじゃない感じで
「君の唇が作った味をたとえると LOVEJUICEのようだね」だと言ってましたよね。

その後の妄想が激しかったから笑ったけど、肉食系男子ですよね(笑)

だけども、愛を感じられるところや、好きな世界観があって
クラブソングって言ったらそうなるんだけども、大きな意味での愛があるなって思うんですよね。
(特にね、サビの出だしらへんとか、もの凄く大きな愛を感じる)
後、めちゃくちゃツボなんですけど、2番のサビが終わっての

I’ve been all around the world
But I am feeling nothing seeing nothing like you

ここの歌詞が本当に好きで、
「世界中探しても君みたいな子はいない」って和訳だったと思うんですけど。
それって、相手をどれだけ溺れているか伝わってくるし
ここのCメロ(?)は、仁がサビで歌っている
I can tell you want me too
Every time I think of you
の伝えたい言葉じゃないのかな?って思うんですよね。

好きになったら一途だっていう仁の考えとリンクしすぎてますよね。

だからね、ただエロイ歌詞(笑)の中にも
素敵だな...って思う部分がたくさんあって。
本当に愛に溢れているなって感じます(笑)


個人的には、このCメロ(?)あたりにスポット当てて話して欲しかったんですけど
みんなが考える共通点はそこだからしょうがないのかな?(笑)



次回はAjust the Loveですね♪
この曲も、ホーントに大好きな曲だし、また世界観が壮大だから
仁の口から色々と聞けるのは嬉しいですよね(^^*)
(で、思ったけど、music talkまとめてDVD化して欲しい!!)




あとあと、TOKYOWEEKLYENDERというフリーペパーに赤西兄弟が掲載されたようですね(^^*)
これ、公式のHPに行けば、写真が見れるようなんだけど
HPに中々たどり着けず、今頑張っている最中です(汗)

何やら、映画宣伝の為に来日した俳優さんと監督が、六本木のクラブで
パーティーを開きたくさんの人が集まったようで、その中のゲストに仁達がいたようです!
(お馴染みのあのクラブなんですね(笑))
フリーペーパーの方には監督かな?俳優さんの方からかな?どっちかわからないけど
仁とレオ君への褒めの言葉が掲載されています♪
(ありがとうございます☆)

仁って本当に顔が広いといか、インターナショナルですよね!
いつこんなにビックな方とお知り合いになったんだろう?
けど、本当にこんな凄い方がたに褒めていただいて仁も嬉しかったでしょうね(^^*)









イノチの重さ


こんにちは♪

昨日の24時間テレビのドラマ、やっぱり涙なしで観ることはできないですよね(; ;)
つくずく思うけど、健康であることが本当に幸せなことですよね。

最後は切ないけれど心温まる素晴らしいものだったと思います。
毎回この手のドラマを見ると考えさせられるのが“生きること”や“命の尊さ”です。

私が暗い部分ばかりに目をやってしまうからなのかもしれないけれど
すぐに命を絶ってしまう人や、簡単に人の命を奪ってしまう犯罪事件などたくさんあって...。
どれも、ものすごく残念でショックなことだなって思います。
特にね、生きたくても生きれない人達のことを考えると
命を粗末にしている人達がたくさんいること、悲しくなりますよね。

”死にたい”、“生きたい”
反対語だけど、ものすんごく重みに差がありますよね。
どっちの想いの方が苦しくて辛いんでしょうか??
私なんかじゃ全然わからないけど...
“命”の重さを考えさせられる、ドラマでしたよね。


共演者、制作者の皆様、主人公のご家族一同、本当にありがとうございました。



今年もちょこちょこだけど24時間テレビは観るようにしているんですが
あぁ..今この時に見ると彼らの時の24時間テレビがフラッシュバックしてきますよね。
いろんな思い出がまだ鮮明に残っていて、涙が出そうになります。
きっとまた来年、24時間テレビを見たら、絶対に思い出して、また何かを感じて...。
また思い出の宝箱が胸をいっぱいにして、後ろを少し振り返って
過去に“ありがとう”を言って、また思い出は重たくなって歩き辛くなるのかもしれないけれど。
きっとその重たさは、私には必要で大切にしたいものだと思うんだろうな。



....。
ってか暗くなってすいません(汗)
9月を目の前に少しノスタルジックになってしまいました(^^;)


そう言えば、昨日は仁が弟君の舞台を観劇しに行ってたようですね☆
(おしゃまさんのツイッターでの呟きから(笑))
何やら、仁が花を送っていたようだし、おしゃまさんや弟君へのエールですよね
私も大阪公演を見に行こうか考えたんだけど
舞台だからそれ相当のお値段になるから諦めたんですけど
やっぱり仁も見に行ったって直接わかると行きたくなるなーーーー(><*)
(千秋楽の時に、もしかしたらですが、仁が送った花をもらえるかもしれないようです!)
おしゃまさん、レオ君、最後まで頑張って下さい☆


























もっと大きな声で、もっと大きな愛を叫んだら....

こんばんは★☆



本当に動きが見えてこないですよね、仁事...。
もうそろそろ全米ツアーの詳細を明かしてくれても良いんじゃないかと思っているんですけど(><*)

それに、ソロで活動することが決まったのなら
ソロアルバムやシングルとかも出して欲しいし
それに、全米ツアーするなら、新しく出すアルバム引っ提げた方が向こうで宣伝もできるし
何にもないままツアーするより、全然良いと思うのになぁ。
事務所もそこらへんのサポートはなしなのかな?
仁も仁ファンも望んでいるアルバムなのに、そう甘くはないってこと?
(とにかく心が渇きまくってモノクロの世界だ。)
まだ、MUSIC TALKがあるから救われるんだけど
今の仁を見たいですよねぇ。
髪の毛をカットした仁を見たいですよね!!!
(最近切ったらしいです☆)




それから、いちご100%を再び読み出したんですけど
やっぱり少年漫画です(笑)
結構、過激シーンとかもあって、読んでる私も妙な汗が出てくるんですけど
うん、男の子は大好きですよね(笑)

これ、去年のツアーみんなでハマっていたとなると
男の子トーク炸裂なのかな?(笑)

「お前、どの子が好き?」とか、そういう話をしてそうかな?(笑)

主人公が、3人の女の子が好き(気になる?)で気持ちが定まらず
ユラユラしているんですけど、誰か1人に決められないところとか
男の人っぽいというか、思春期なんだろうなぁって思っているんですけど(笑)


ただ少し、仁と共通している部分があって
この主人公、映画を撮るのが好きで「映画制作者」になる夢を持っているんです。
文化祭(?)では映画を作って上映したり...。
男の人はやっぱり夢追い人であって欲しい!って思います☆★


仁も友達と映画を撮ったことがあるって言っていたし
写真撮ったり、カメラを使うことは仁も好きなので
そのへんに共感を感じてハマったのもあるのかな??



まだまだ続きがあるから、何とも言えないけど(^^;)
「男のが好きそう」この一言に付きますね(笑)













ねぇ、仁?



仁もやっぱり、男の子だよね(笑)


去年の王様コントでの下ネタ大会思い出しちゃったよ(笑)


なんだか、そういう普通なところも改めて大好きだなって思った。



人間くさいところも、不器用なところも好き。


たぶんね、アイドルや芸能人らしさがないところが好きなんだよ。

わかっていても、らしくできないのは

それだけキレイな気持ちがあるからだと思う。


みんなの進んだ道は、絶対に間違ってなんかない。




絶対にラストスパート、素晴らしいものになってるよね。









以下,拍手コメ下さったMちゃんにお返事です☆







RーONEで仁の名前が♪



いちご100%を読破してみよう!!!!


と意気込む私は単純で影響されやすいと思いました(笑)



フフフ.....(笑)
イヤー本当に嬉しかった。
ただ一言「赤西」って言ってくれるのが嬉しかったです(^^*)
大人の事情あるのかもしれないけど、本当に禁止ワード的な感じになっていたので
こういったところで仁の名前が聞けてよかったです。
(たっちゃん、本当に本当にありがとう♪)

ってことで、たっちゃん曰く、仁から読み出したらしい
『いちご100%』
これ、去年のコンサート(だったかな?)でもKAT-TUN全員がハマっているとかなんとか言ってましたよね。
だから、うちにあった兄の『いちご100%』を借りて読んでいたんですけど
途中で止めてしまって、忙しかったのもあって放置してました(苦笑)

でも、もう仁から読み始めたとなると、これはもう全部読破するしかないですよね!!

これね、内容的に少年漫画むけで思わず、これを仁達が読んでいるのかと思うと
色々と妄想が繰り広げられていくんですけど(笑)
男の子が好きそうな漫画とだけは言えます。


これ巻数が多いので読むのに時間がかかるかもしれませんが
個人的な感想というか...どういったストーリーなのか、ここでお伝えしますね


すいません、あんまりネタがなくて(^^;)

では時間を見つけつつ、読み進めたいと思います♪













Jin akanshi music talk vol.6


今回も泣かされました(笑)music talk。

今回は、クリモニ。

仁のソロライブ一曲目がこれですよね。


Tipsy Loveの時も思ったけど、なんであんなに優しく微笑みながら語るんだろう。
クリモニのサビ部分でまた、ドバッと涙が出てきたじゃないか(笑)
仁もお気に入りの曲みたいだけど、うん、好きそうですよね、絶対に。


見た目によらずロマンチストですよね、仁って。
だけども、大きな、壮大な愛を語る仁も私にとっては宝物。
真剣な顔で語らず飄々と話すのも仁らしいなって思う(笑)



仁がクリモニに込めた世界観は


未来の地球。人々は飢えに苦しんで周りには何一つない。

たった1つ、僕たちに残されたものは愛だった。



歌詞からわかるけど、この歌に出てくる主人公は誰かに大きな片思いをしていて。

本当に本当に一途にただ真っ直ぐに1人の人を愛している男性が
クリスマスの朝、彼女が気持ちに答えてくれた。

そんな風に私は解釈しました。


日生でこの曲を披露してくれた時は、オープニング「Eternal」のオルゴールが流れて
そしてクリモニに流れ込んでいく。


仁がここで言いたいものは「真実の愛が明日への希望になる」かな?


未来の地球にたった1つ残されたものが“愛”


仁がどう答えてくれるのかわからないけど
もし私が、インタビュアーだったらこう尋ねたと思う。


周りには何1つない状態だけど、“愛”だけが残ってそれが希望になったのは
“愛”は何があっても消えない永遠のものだと思うからですか?


私は仁にそう尋ねていると思う。


“愛”っていうの感情は、きっと生き物が存在している時からきっとあって。
遙か大昔から“愛”は消えることなく人々の心にあって
どんな時代になっても、変わることはなく受け継がれてきた本当に偉大なもの。

だからね、オープニングで仁がEternal(永遠)を持ってきたと思う。


“愛する人を幸せにしたい、笑顔を見たい、一緒にいたい。”

そういった心が明日への希望に繋がり
結果的に世界平和を願う気持ちや、何かを変えていくパワーになっていくんだと思う。

....って色々と解釈しつつあるけれども。
考えれば考えるほど、仁が伝えようとしていることが本当に大きくなっていくな(^^;)

心が理解していたら、それはそれはで良いんだけども。
私は仁みたいにロマンチストじゃないし、ピュアでもないから
今の私がこのクリモニのテーマを語るには早すぎるかな。


この曲も、誰かの訳とかじゃなくて、改めて仁の和訳が読みたいなぁっと思います。


次はラブジュですね♪
これは、雑誌とかでも語ってくれたような気がするけれども
この曲も仁が初めて全歌詞英語で作ってくれた曲なので私にとっては大切な曲です。
女王コンの時、この曲を歌う仁を見て想像してしまった未来は
今この時とピッタリ一致してしまったから。
今の仁が伝えてくれることも楽しみだな。

























Dear......




こんばんは~★☆
京セラの中途半端な感想をアップしただけですいません(><*)
これから、ちょっと思い出せたりしたら
ちょっとづつだけレポを上げていったりもしようかなぁ。
まぁ、ここはお任せしたら良いのかもしれないけど(笑)

昨日は、アリーナの外周近くで柵の真横の席だったんです!
だから、メンバーが来たらものすんごく近くて、圧巻でボッーとなったな。
(あそこだけは戦場化してたから体当たりされて飛ばされたり、足を踏まれたり恐怖だった(汗))
とにかくみんなファンサが凄く良かったことが、凄く印象に残っていて...。
私は特に何もなかったけど、近くの人はじゅんの、ゆっち、聖が自らファンの人の手を触りに行ってたり
亀ちゃんは特定の子を見つめたりしていたなぁ。
(結構、ガン見だった(笑))
もちろん、スタンドの方にもまんべんなくお手振りしていたし
その時の表情が優しいといったら...(><*)
彼らなりにファンの人とコミュニケーション取ろうとしていることが伝わってきた
みんな本当にファン想いというか、愛情に溢れた人達だなって淡々と思ったなぁ。

私の席の場所から伝えれるとしたられぐらいかな?

あっ後ね、昨日も書いたけど、初めて客席を見渡しました。
アリーナバクステ近くから見たこの席の位置でもスタンドの人達って本当にちゃんと見えているんですよね。
「あそこは凄く楽しそうにしている」なぁ...だとかちょっと休憩中(笑)とか。
(スポットライトがあったっていたらそれこそハッキリ!)
彼らはステージの上に立っていて私よりは断然目線が高くなるし、もっとはっきりファンの人達も見えている
んだろうなって思います。
(ただ天井席はあんまり分からなかった(^^;))

って、せっかくの公演中なのに、なんで彼らを見なかったのかと言うと....。
本当はね、迷ったけどやっぱり、これが最後の公演になるかもしれないと思ったら
ファンの人達を見たくなったし、実はいろんな方角見渡しながらファンの人達にも
こっそりと心の中で「ありがとう」を叫んでいたんです。

皆さんのKAT-TUN大好き!っていう気持ちは私にとっては憧れのようなものでもあるし
ファンの方あって、私たちの大好きなKAT-TUNでもあるので
何だかね、仁やKAT-TUN達だけじゃなくって、今こうして全てのファンの方に
拍手を送りたいなぁって改めて思った。


私の中で決まったわけではないけど“これが最後かもしれない”を意識してしまうと、いろんなこと感じてくるんですよね。

今までのお馴染みの曲も、凄く貴重な宝物のような歌であるし、それをみんなでこれからも、もっと大きな宝物にしよとしているんですもん。
自然と曲終わった後に拍手してた。
「ありがとう」を言いながら“拍手”していた。


本当に今年は色々と激動でもちろん、心が追いつてないところもあるんだけども
だけど色々とあったから改めて考えるきっかけになったり気がつけたりして。

いろんな壁があって、人は“愛”をもっと大きなものへと育んでいけるだと思う。
いろんなことがあったけど、迷惑を掛けたことも、苦い思い出もあったけど。
彼らも私たちも決して1人じゃないから、みんながいるからここまで来れた。
6人がここまで歩んで来れた。

手を取り合って“We are KAT-TUN”と叫んだのは、そういうことだったのか。
なんとなくだけどわかった気がする。




本当にありがとう。

亀ちゃん。
じゅんの。
聖。
たっちゃん。
ゆっち。


スーパーThank you!!

8月21日in 京セラ。


みんなが歩んできた過去、こうして生きている今。

そしてみんなの未来へと大きな拍手送った。

















京セラ 初日

おはようございます

今さっき帰ってきました(笑)
(やっぱりオールはキツいなぁ)



コンサート前に初めて会った友達の方と訳あって遊んできました




ってことで、行ってきましたKAT-TUNコンin京セラ

一言。

KAT-TUNはバファリンです(笑)

バファリンの半分が優しさでできてるなら残りの半分は「愛」だろう!!!



何から伝えたら良いんだろうなぁ……。

実はね、参戦する前に5人を受け止められるか不安で正直怖かったんです。
けど、ステージに立つみんなを観てると不安なんてどっかに行って、凄い楽しんでました♪

みんな、本当に良い笑顔で楽しんでました

突然のハプニングもあったけど、とにかく目の前にいるファンを楽しませようと頑張っていました


そんな姿を見てると本当に嬉しかったし…何度泣きかけたかわからない

気がつけば“ありがとう”って口が動いてて、本当にあの空間は温かかったです。

公演中、お客さんの顔を見たら凄く楽しそうで笑顔で…私から見ても嬉しくて心温まるものだったから…それを直接向けられてる彼ら自身はもっともっと伝わってくる気持ちが合っただろうなぁ。

KAT-TUNのファンで幸せ?

その問いかけを返すのはファンの皆さんがこうして楽しんでいることが全て物語っていますよね

仁のことは全く抜けない訳じゃなかったけど、みんなが作ったKAT-TUNのライブがただただ素敵な時間でした

みんなの笑顔もたくさん見れたしそれに救われたなぁ


改めて、みんなには笑顔が似合うとも思ったし、私、みんなの笑顔も大好きだなって感じた。



みんな暑い中、頑張ってくれてたし、お疲れさまでした


今日も暑くなるみたいだけど無事に終わること祈っています。






たくさんの笑顔
楽しい時間

本当にありがとう。



亀ちゃんが
じゅんのが
聖が
たっちゃんが
ゆっちが


KAT-TUNのメンバーで
本当に良かった





本当にありがとう

FCは変わらずそのまま&明日入ってきます!

こんばんはーー。
毎日暑いですが、暦では秋。
早すぎるだろ!って思いながら秋物の商品が入荷され
モコモコ素材のリュックが来たときは季節の違和感を感じました(><*)
売り場も秋仕様に変えたところだけど、明らかにまだまだ夏が続きそうですよね(汗)

後、昨日は出かけて、京都の地下街歩いてたら、短冊に願い事を書くイベントがありました♪
普段なら全く書かないんだけど、今回は私も書いて吊しておきました。

色々と他の方のものを見ていたら、それぞれ素敵なお願い事されていて
ただ書かれている文字を見ているだけで、その人達がどれだけ願いを込めているのか伝わってくるような感じでした。

中にね、短冊いっぱいに「世界平和」って書かれた短冊があって、仁のことが浮かびました。
(仁なら“World Peace”か(笑))
仁だったら今、願い事を書くならどんなことを書くんだろ?
最近は、仁に聞きたいことが多すぎて色々と想いふけってしまいます...。


後、昨日あたりにFCからメールが届きだしているようだけど
仁のファンクラブはそのまま、Y&Jで発信して下さるようですね。
(今回もまた、メールが届いてない)
いろんな所で見たけど、仁のファンの方が問い合わせをしたということを耳にしたので予想以上にFCの問い合わせが殺到したんだろうなぁ...。
(聞くところによっては、“またかぁ”といった対応をされたそう)
そのまま変わらずY&Jでいてくれるのは、金銭的な問題としては嬉しいのだけども...。
色んなこと踏まえて単独で発信してくれたら嬉しいなぁっと思っていたので少し複雑なところもあります。
気持ちとは別に物事だけは、進んでいくから、頭では理解しているのに本当に、難しいですよねぇ。

気が付けば、仁のあのマニュアルから1ヶ月経ったんですよね。
1ヶ月間でいろんなことすんなりと受け入れられるほど、進めてない気がするし、後ろを振り返る時もあったりする。
キラキラと輝く宝物のような思い出は、更に輝きをまして...。
きっとその宝物を失った時、失ったものしか見れず追いかける。

そんな時、私が持っている他の宝物のような存在を失ってしまうことになる。
結果的にどちらかを失うことになってしまうんですよね。

けど、周りを見渡して、欲しいもの全て手に入れている人なんているんだろうか?
何一つ犠牲にせず、全て手に入れることはできない。
何かと引き替えに、自分が欲しいモノを手に入れる。
そのことで、犠牲にしたものは、欲しい物を手に入れるための“代償”なんですよね。

わかっているんだけどもね...上手くいかないのはやっぱり生きているからかな。

人生は初めて直面することがたくさんあるから、何かに出会う度に不器用になっていく。

でも不器用で完璧じゃないからこそ、支えてくれる人達へ感謝ができる。
その感謝が大切なこと気が付かせてくれる。


...ってこんな風に思うのは、明日に京セラコンが迫ってきているからなんですが!(早っ!)
あぁ、なんだか本当に今になって色々と不安になってきた(x x;)
いろんなこと気になってきたし、緊張もしてきたし(><*)
「もう本当にどうしよう~」ってちょっとパニック状態
しかも明日は初めて1人参戦でもあるし、入り方とかちょっと心配だし心細いなぁ。


私にとってどんなKAT-TUNコンになるか分からないけど
取りあえずたくさんの“ありがとう”をみんなに伝えてきます。
どうか、素晴らしい公演になりますように...。























スポ誌にタッキーコンオーラスの記事&tokyohiveにLAライブレポ

こんばんはーーー♪
久しぶりに車の運転をしたイチゴです!
たぶんもう、この三ヶ月ぐらいは全く運転してなかったから久々にしたくなって
お買い物がてら運転してきました☆★

ペーパードライバーにはなりたくないから、運転する機会を見つけて、それなりに運転しなくちゃ乗れなくなりそうかなって思ったけど、まだまだ大丈夫でした(笑)
(けど、上達はしていかない(大汗))
今度いつ運転するか分からないけど、どこか遠出するときにでも高速とかも運転したないなぁ...。
(仁みたく80㎞を目安に(笑))


えぇっと、そうだ、2日前にスポ誌でタッキー様のソロコンオーラスのことが載りましたよね♪

嬉しいことに仁のことも載せてくれて、嬉しかったです(^^*)


赤西も登場 午後4時から行われたこの日2ステージ目の最終公演に、KAT―TUNを脱退し、ソロで海外挑戦することになった赤西仁(26)が登場。ジーンズに黄色いTシャツ姿の赤西は「近況? 音楽作りです。アルバムとか出せたら。米国ツアーに向けていろいろと」と説明。滝沢は赤西に向けて「悪い男」を歌い、「大変だと思うけど応援している人がいるから。お前はチャンスをもらったんだからな」とエールを送った。
(スポーツ報知より)



色々とレポ読ませてもらっていたら、タッキーの優しさに感動をしました。
MCが終わった後には、「まじめなヤツなので僕は応援します」っと言ってくれて。

最後は、仁が中々帰らず、タッキーにも「もう帰れ」と言われながらも何回も振り返り戻ってきたり最後まで手を振り続けたりもしていたよう(^^*)


本当に優しいお兄ちゃんですよねぇ。
仁が尊敬するのもわかるし、「厳しいけど優しい」って言ってくれたこと納得できますよね。
エールを送ってくれたことも、自分のことを理解して味方でいてくれることも本当に嬉しかっただろうなぁ。


それにしても、最後、ステージからはけるときに名残惜しくて何度もタッキーのことを振り返っている仁が本当に可愛い(><*)
相変わらずお茶目で可愛いところもタッキーだからこそ、そういう仁を引き出してくれるんですよね。
(とにかくもう、本当に本当にありがとう!)





あと、これも2日前あたりだったと思うけど
tokyohiveというサイト様に仁のLAコンサートのレポが掲載されています!


ながーい英文レポはいつもお世話になっているお友達の和訳を読ませてもらって本当に助かっています(><*)
(Mさん、本当にありがとうございます!神様です(笑)<<私信)
ちなみにいつも、お世話になっているので今回も、もの凄く助けられ...
全て目を通すと、カナリ細かいレポになっていて、ライブの様子がよく伝わってきました♪


あと、こちらのサイト様は、コンサート写真をたくさん載せてくれて
行けなかったファンにとっては本当に嬉しかったです(^^*)
初見ショットもいっぱいだし、日本の時とは少し違ったところとかも見れて良かったです。
それに私は日生の時は1回度しか入ってないし、最前列だったから(今思うと本当に奇跡だったよなぁ)
とにかく、仁の顔をガン見していたから、正直照明やらステージの演習とかはあんまり見れてなくて(苦笑)
それに、最前列と後ろからの席だと、見え方も結構変わってくるので、その辺も写真をみてこんな感じだったのかぁっと



....にしても本当に毎日暑いですよね(大汗)
車を運転するときにドアを開けて入ったら異様なまでに暑くてサウナ状態でした(x x;)
連日35度以上の猛暑日が続いているし、残暑が厳しいですよね。
関東はこっちよりも少しだけ暑そうだし、お友達含めて、みんなも熱中症や夏バテになっていなかったらいいんだけどなぁ。
どうぞ皆様もお気を付け下さいね。

Jin akanishi music talk vol.5

Baby love can't imagine
It's like magic I found this love
Baby love can't get closer cuz you're the closest, baby
Baby love I got a question. Did I mention?
Is this real or are we drinking our love?
You got me tipsy, baby





Tipsy loveのフレーズで一番大好きな部分。
あれはそう、ロスでのライブが終わって次の日だったかな?。
ダメだと分かっていたけど、どうしても仁の歌声が聴きたかったあの夜。
ここでも話したように、アメリカ行きを両親に大反対された日だったな。
気持ちも不安で、どうしようもなく、今の仁を深く求めて、どうしても壊れそうだったから
某動画サイトで動画をダウンロードしてMY MP3プレイヤーにいれて...。
最初に、Bass go boom。
その次にこのTipsy loveを再生させたんだったな。

初めて聴いたときにビックリするぐらい大泣きして、止まらなかった。

自分の気持ちをコントロールできなくって、息の仕方さえ忘れてしまって過呼吸(え)
(たぶん、私が過呼吸おこす時って、息の仕方を忘れているんだ(爆))
ただ胸の中は仁を好きな気持ちでいっぱいになって
そして、瞼の裏には儚くも優しく、楽しそうに歌う仁の姿しか見えなかった。


一番最初に、仁の掛け声から始まる「If I said do you love me~~~」のところは
ただドキドキしながら聴いていたんだけど、この部分が終わって
「Baby love ~~」の部分は本当にコントロールできなくって、大変だったな(笑)
何度リピートしても、この部分だけごこのフレーズより泣けて泣けてしょうがなかったから
Tipsy Loveの中でも本当に大好きな部分なんです。


Music talk vol5を見てて本当にビックリしました。
バカみたいに心奪われたこのコーラスのところ、仁1人だけで歌詞を書いたんですね。
(他の部分はお友達と一緒に書いたようです)
あぁ、だからかぁって納得したけど、やっぱり嬉しかったな♪

仁が思う「Tipsy Love」は、こんなイメージなんですよねぇ。
music talkの和訳を読んで、動画を改めて観たら本当に泣けて来ました(泣)
ここの部分の歌詞の意味を語る仁の表情と良い、歌ってる姿と良い、本当に泣けてくる。
あんな風にひょっこりと喋っているけど...。
仁の過去が少しだけ見えた気がしたよ。
それと同時に未来の仁の姿も想像できたんだ。
もし私が想像しているものが一致したのなら、ううん、きっと一致している。
だからね、そんな風に優しさや色んなこと伝えてくれているんだ。
言葉では伝えられない、気持ちを歌で伝えくれている。

やっぱり、私は仁の心が好きです。
心なんて覗くことも出来ないし、形にあるモノじゃないから大抵の人はちょこっと疑ったりしてしまう。
けど、仁が心で感じたモノがちゃんとそこには存在しているからこそ。
私もね、仁の好きなこの気持ちがコントロールできないくらい泣けてくるの。
挙げ句の果てにコントロールできなくって、わけがわからなくって自爆(爆)
こんなに大好きなのに、この気持ちもウソのように感じちゃったり
大好きすぎて、変なところまで考えすぎちゃって本当にダメになる私。

けどね、仁が歌ってくれて伝えてくれたから少し分かった気がした。

“恋”にも“愛”には、いろんな一部分があって
おだやかな感情の時の“love”あれば、うん...好きだからこそわき上がるダークな“love”の時もある。
他にも辛くて胸が締め付けられるブルーな時の“love ”もあるかなぁ。

そしてね、私が一番仁を好きだなって心で感じるのは“Tipsy Love”の時。
思い出したら、コントロールできてない時が本当に多かった(笑)
仁に会ってるときや、仁の笑顔が見れたとき、歌っているとき。
バカみたいに涙して、過呼吸になってたり...クラクラしたりフワフワしたりね(笑)
でもコントロールできなくって間違えを起こしたときもあるかもしれないけど(え)
けどね、気持ちが落ち着いて再確認するのは、“仁のことが本当に大好き”だってこと。

だから、仁がこの「Baby love can't imagine~~」ってコーラスの部分を書いてくれて本当に嬉しかった。
後ろのモニターにたっくさんのピンク色のハートが舞っていたのも、なんとなくだけどそういうことかってね(笑)



さぁ、久々に語った気がします(笑)
予想以上にmusic talkにやられました(><*)
本当に本当に“悪い男”ですよね~~。
タッキーの言うとおり赤西仁=悪い男の式が成り立ちます!
(08年7月発売のweelky ぴあに書いてあったような良い意味で悪いということで(笑))

そういえば、music talkって次回もあるんですよね~♪
もう終わっちゃうのかな?って寂しくなってたから、予告でクリモニって書いてあって良かったです(^^*)
(英語の曲にスポット当ててるけど、ここまで来たら“Eternal”のことも喋って欲しい!!!)
今はUTB様だけが1つの楽しみでもあるし、仁が音楽のことを喋っている姿も本当に良いですよねぇ。
大好きな音楽のことを喋る仁の顔、生き生きしてて本当に好きです♪

その笑顔が何よりも嬉しいんだ



ヒャーーー!!!
タッキーーーーーー(><*)
(イヤ、タッキー様!)
神様、仏様、女神様、タッキー様、様!!
ありがとう、本当にありがとうございます♪

ってことで、タッキーのソロコン、オーラスに仁が遊びに行ったようで
あまりの嬉しさに、涙が出てきました、イチゴです。

なんとなくだけど、最近仲が良いし、タッキーのソロコンに遊びに行くんじゃないのかな?って思っていたら予想通り足を運んで、本当にお兄ちゃんのこと大好きですよね♪

速報もらってMCの内容を見てきたけど、2人で話している雰囲気がゆるーい感じがしてホッコリしました
笑顔もたくさんあって元気そうだったし、そんな様子が知れただけで嬉しくて、嬉しくて、そして妙に安心して、気が緩んだら涙が出てきたから重症です(苦笑)



仁の悪いイメージの話だとか、タッキーが「お前モテないだろ」の返答に「はぁ?超モテます!」の下りだとか
「滝沢君、日本語が下手になったよね」って仁が言って、すかさず仁にタッキーに突っ込み入れられているところだとか、2人のこんなやり取りに笑ったけど、こんな2人の雰囲気が好きです(笑)
(それに、ビシッと渇を入れてくれるお兄ちゃんが素敵ですよね)

あと、日本のファンのことを心配してくれたタッキーが
仁へと「みんな心配しているんだよ」って言ってくれたようで
それにプラス、仁へとエールを送ってくれたようで、本当に優しいお兄ちゃん(^^*)
(タッキー様、感謝感謝です!)

今の近況報告として、ツアーの準備や音楽作りをしていて、アルバムも出したい!と言っていたようで。
そうなんだろうなぁ...とか思いつつ、仁の口から聞けると嬉しくなりますよね。


にしても、本当に嬉しかったし、何よりホッと安心したかな。
何やら山ピーと斗真君と来る予定みたいだったけど、これはこれで仁も楽しめたんじゃないかな?
(けどここに山ピー達が入ってくるとなると...(笑))
今までのラジオでの話だったり、仁コールだったりと....
本当に本当にタッキーには感謝感謝です♪










つぶやいています(笑)


ちょこっと雲隠れをしてました(><*)


うーん、やっぱり動きがないとブログの更新も中々まめにできませんよね。
仁ファンさんのブログはきっとネタ切れで間だがポツポツと空きそうですよね(^^;)


仁の全米ライブとか、9月に始まるのに一向に詳細はでないし...。
今でも、会いにいきたい気持ちは変わらず、大変だけども
アメリカまで飛んで行こうと決めている日本のファンの方は
とにかく日程が知りたいですよね。

旅行会社に行って初めて知ったんですけど、航空券を取るときに
席の安いところから売れていくようで、後になればなるほど
航空券が高くなる恐れがあるようですね。


ギリギリに申し込んで高い席しか余ってないようだったら
5万(だったかな?)ぐらい変わるようで、貧乏人の私としてはカナリ痛いなぁって思います。


今となっては両親との約束があるから、前ほどウズウズしていなかったけど
行こうと決められているファンの方は、早く詳細が欲しいですよね。
(気が付けば8月も中旬だよ)


全米ライブの詳細もだけど、仁ファンの方は本当に瀕死状態のですよね。
ほーんと何か少しでも動きがあったら救われるんだけど
どうか仁の周りにいるお友達とか彼の代わりに発信してくれたら良いなぁ。
ワガママだけども、3月からこれと言った露出がないので
ちょっと、(イヤかなり)寂しいですよね。
(今年1月から3月に掛けては、本当に大忙しだったから余計に感じる)


そんな私は、music talkのリピをしたりしています♪
(tipsy loveがホントに来てます!!
今まで、あんまり露出がなかった時は過去映像を見たりして寂しさを紛らわしていたんですが
今は、6人の映像も5人の映像も避けてしまっています。
歌はノンストップでお店で掛かっているけど、暇な時に聞き込んでしまったら
それこそ、本当に大変(><*)
(涙堪えるのに必死です。)
いっぱいある6人のKAT-TUNの映像。
冠番組だったカツカツだとか、いったいいつになったら、見れる日が来るのかな?
今はまだまだ気持ちが追いつてないから、怯んでしまうけど
1年後には、笑って見れるかな?
大切でキレイな思い出ばっかりだから、絶対に泣いているだろうけど
最後は泣きながらでも笑って見ている自分だと良いなぁ。

こんなこと思うのももう少しで京セラ公演が近づいてきているからかな。
東京ドームに入っていた仁ファンさんとか、(特に17日ね)
泣きまくってて辛そうだったって色んなところで聞いたし
当日どう感じるのかな?って思います。

あっ。下の記事で、私が今回の京セラドームが最後のKAT-TUNコンになるかもしれないって書いたんですけど
今は大阪圏内でコンサートが行われるようなら来年も参戦しようと考えています。
京セラドームでKAT-TUNコンに参戦して自分がどう感じるか次第です。
(今まで一緒に参戦して下さっていたお友達さんには、本当に申し訳ないです)
けど、実際にどうしようもなく心が引き裂かれそうになっても
心にある思い出の宝箱にちゃんと鍵を掛けられたら、1年後は行けなくても
2年後は行ったりしているかもしれないし、
仁の言葉を借りるけど“先のことはわからない”が正しいかもしれないです。



やっぱり今だけを見ていないで、年単位で色んなこと考えたら
この激動の一年も、笑って話せる日が来ると良いですよね。
きっと、そんな日がいつか来ると信じています。

泣いた分の笑顔を信じて...仁の教訓を心に留めて。















会報が我が家にも&KAT-TUNへ

こんばんジン(笑)
(何かこれ、久しぶりだ(笑))

最近は暑さがだいぶ和らいできましたね(ホッ)
きっと東京もこんな感じだろうし仁も良い感じに夏を満喫していたら良いなぁっと思うこの頃です。

そんなこんなで今日は我が家に会報が届きました。

これってアリーナツアー回る前に取材されたものなのかな?
(会報っていつも時差がありすぎじゃないですか?)
“赤西”って名前がメンバーからちょこちょこと出てて、嬉しかったけれども
色々と感じることがありますよね。
グダグダと言ってもどうにもならないから、ここではとあることにはそんなに突っ込まない!(笑)

読んでいて全体的に思ったのが、みんながKAT-TUNっていう居場所を大切にしていることかな。
良い意味で仁がいなくなったことが糧になったんだろうな。
ずっと4月の時から見てて思ったけど、“今”やるべきことをちゃんと理解している。
だから全然ブレとか見えないし、真っ直ぐに進んでいる。
裏では、苦労したことも数え切れないほどあっただろうけど
それをバネにして大きく羽ばたこうとしていますよね。
そんな、みんなの頑張りが私はただ嬉しかった
メンバーやファンを大切にして、今以上にKAT-TUNっていう居場所と向き合ってくれている。

みんなのファンになれて幸せですよね、私たち。




思ってもみなかったけどちょうど良いタイミングだったかな。
私が横浜でお友達と喋っていて感じたこと。
本当はずっと前からどこかで気が付いていたけど
みんなと話していてだいぶんと気持ちが固まったかな。




これがきっと最後。
親愛なるKAT-TUNへ。

大好きなみんなへ。























JinAkanishi music talk Vol.4

こんばんはーー。

一昨日あたりに、仁のmusic talkが流れましたね~(^^*)
最後であろう「Tipsy Love」にスポットが当てられ。
凄く生き生きと可愛い笑顔で喋ってくれていますよね☆★
(UTB様だけが今の支えだ! )
何だか、あまりに可愛かったから自然と笑顔になりますよね♪
本当に仁の笑顔って周りの人を笑顔にする力を持っていますよね。
何だか、久しぶりに癒されました

ってことで、「Tipsy Love」は仁ママの影響受けてかレゲェっぽい曲調になったんですよね。
(仁のママってどんなジャンルでもいけそう(笑))
パーティソングが多いから、違った曲調も書きたいってことレゲェ調に落ち着いたを作ったようで♪


この曲はLAライブが終わってからレポで見たけど歌詞がすんごく可愛くって
モニターにはピンクのハートがたくさん舞っていたようですね(^^*)


仁的に「Tipsy Love」はほろ酔いの恋(愛?)を意味してるようで。
イヤーもうね、可愛いですよね(笑)
こういう可愛いところもある人だから、うんもうーーー本当に大好き(><*)

この前、スタッフ同士と飲みに行ったときに「ジンフィズ」を飲んでいたんですけどね。
「ジンはどう?(笑)」って聞かれたんですけどね。
「完全に酔わされてますねーーーー(笑)」って言ったら
「上手いなー!(笑)酔わされまくりだよね(笑)」
なんて、会話を繰り広げていて思ったけど、もう、ほろ酔いどころじゃないですよね(笑)
仁にはどれだけ酔わされているか、泥酔も良いところ(笑)
(ってか、一体なんの話してたんだ!)

フワフワとしすぎてその人に酔っているような感覚かぁ。
仁って絶対に良い恋愛していますよね。
色んなところで何度か思ったけど、仁の作る曲って絶対に大切なところは外さないですもんね。
この曲も実は、初めて聴いたときにボロ泣きして
あまりにも仁の歌声が優しくって温かくてね。
訳はちょっとしかしらないけど、誰かの訳とかじゃなくて
この曲は仁自らの日本語訳で読みたいなって思う。
(だから早くソロアルバムを熱望!)
「Love」って愛だとか恋って訳せたりして、日本語では“愛”と“恋”は違うものだけど
その両方の感情がバランス良く入ってるような感じで。
恋のような、愛のような....上手く言えないけどきっと優しくてフワフワした感じかな。
仁に会った後って、正にこんな感覚で、本当にフワフワしてクラクラして、ボッーとなって、
気が付いたら、仁のことばっかり考えていたりして、思い出すと涙出てきたりして。
仁ばっかり目で追ってドキドキして嬉しさピークのコンサートで会ってるときもそうだけど
会ってない時間も、幸せで満たされて、こんな時間さえも愛しく思える。
恋のような、愛のような、言葉ではうまく表現できないけど、
きっとそんな時間が、無意識に好きで心地よくて。
誰かを本当に好きになったときに感じる醍醐味なんだろうな。
ほろ酔いどころじゃないけど、きっと私が仁が好きだって一番感じるのは
こんな感じで仁に酔わされている時だろうな。
(うん?私だけ?これ私だけだったら恥ずかしい//)


うん...「Tipsy Love」聴いて、仁のインタビュー聞いてたら
そんな風に感じたんですよね。
次も「Tipsy Love」について話してくれるみたいだし
頑張って仁の口から伝えてくれるの楽しみにしています♪



ではでは、今日はこのへんで失礼します!!!





Bass go boom&重たくて大きな愛を背負って

こんにちは。
昨日は久々に高校の時、仲の良いメンバー全員集まって遊んできました♪
いやぁ、本当に親友ちゃん達と集うと楽しいなぁ☆★
もう、とにかく騒いでバカな話ばっかりしていたし、
KAT-TUNのお友達と会うときとは、また違った良い時間だったなぁ。
ただやっぱり(笑)、私たちも年齢を重ねているから若い頃みたいに体が追いつかなくて
飲み会も一杯でストップかけてひたすら食べる方に回ってました!(笑)

うーん...やっぱり若々しさに欠けてるのかな(笑)
21歳なんて年齢的にまだまだ若い気もするけど、夏らしいこともそんなにしてないし
昨日は地元でお祭りもあったし、大阪方面では花火大会もあったんだけど
なーんでか、そんなにのらないし消極的(笑)
今思えば、夏祭り卒業したのも高1だったし、浴衣の1つも持ってないじゃないか!
夏の行事も海やプールとか言ったものもあるけれど、これも中学生の時に行ったきりだし
それから一度も行きたいとか思わなかったから、これまた水着の1つも持ってないというね(え)

はぁ...きっと私が精神的に老け込んでいるんだろうなぁ(^^;)

ってか、こんなどうでもいい、ひとりごとはこれぐらいにして。


やっと書きたかった仁のmusic talkから「Bass go boom」について!!

何日か前から英語訳を読ませてもらって仁らしいインタビューにホワホワしていたんですけど
このmusic talkの動画が全然見つからないですよね(><*)
(何でか、過去のmusic talkも見あたらないし)
もうちょっと頑張って探してみるけど、仁のインタビューだけでもかなり嬉しかったなぁ。


聴いての通りBass go boomはパーティー的な曲調で、仁も覚え安いだとか
ノリを重視してお友達と考えて作ったようですね♪

だがしかし!
仁が言ったように、クラブソングで覚えやすい踊りやすい曲なんだけども。


私ね、この曲を動画サイトで見つけてこっそり聴いたときに
ビックリするぐらいに号泣したんですよね(笑)

サビ(なのかどうかわからないけど)仁が高音で歌う部分とか
ものすんごくツボすぎて、ドキドキでクラクラするし
うんもーーーとにかく大好きすぎて、泣けてきます!

本当にノリの良い曲調なんだけどね、いつかの未来、ライブで生で披露された日には
完全に涙しまくって大変なことになっている(笑)
(きっと号泣しながら必死に踊ってるんだよ(え))
楽しそうに歌ってるとこ見たら、もう本当にダメになるだろうし涙涙だと思うんですよね。


うまく言えないけど、CMでBass go boomの高音部分聴いてから本当に心かき乱されるような感覚になっちゃったから、本当にもうズルイですよね、私たちが大好きな人は。




そうだ!仁事で言ったら今月の前半3誌に仁の名前がチラホラと出ているようで
あの水族館デートのことをタッキーが喋ってくれているみたいなんです♪
書店に立ち寄って覗いてくるとします☆★



えぇっと、それから昨日無事にKAT-TUNの韓国公演が終了したようですね!
少しレポを読ませてもらったらファンの方がKAT-TUNへサプライズをおこしたようで
みんな涙、涙で、お留守番組の私たちまでも心温まる公演になったようですね♪
(私も一生ついていく!)
ファンとの集いも、お互い凄く貴重な時間だっただろうしね
みんなが韓国公演を終えたことで感じたことはこれからの彼らにとって大きな支えになるだろうな。
とにかく、みんなお疲れ様でした(^^*)

帰ってきました♪&旅日記in横浜

無事に横浜から帰ってきました、イチゴです♪
何だか、本当に感情深くなった旅だったなぁ。
でも、凄く楽しくって良い思い出になったから、また絶対に横浜に行きたい!
街全体がオシャレで凄かったし、横浜って想像以上に良かったです(^^*)

色んなもの見てて思ったけど、関西ってやっぱり劣ってるなぁっと(汗)
大阪は大阪で良いところはあるんだけどもね。

デザイン習ってたりしたら自然と建築だとか空間を見ちゃうクセみたいなのがあって
ついつい大阪と比べちゃったりします(^^;)
“みなとみらい”行ったりしたんですけど、あそこなんてもう、都市デザインがみっちり計画されていて、自然と建築が見事に融合されてて凄いなぁって、ただ圧巻でした。

あそこは、海が近くにあるからそれに合わせて、周りにある商用施設とかもオープンなものが多いし、開放的ですよね
亀ちゃんや仁が好きっていうのも、納得です!!

旅行記の続きは追記に入れとくので、良かったらどうぞ~♪



それにしても、今週はKAT-TUN仲間と会う時間が多いなぁ。

横浜から帰ってきてすぐに、スタッフ同士の飲み会があって、そこでもKAT-TUNトーク三昧だし
一体どんだけKAT-TUNの話をしてるんだってなった(笑)
そこで、私のニックネームを付けようってなって、仁の名前から考えていたんですけど。
何個か考えているうちに面白いものしか出てこない(笑)

まずは「じっちゃん」
これは仁の“じ”から取ったんですけど、じっちゃんって金田一少年が浮かぶ(笑)
次に「じぃ様」
これも仁の“じ”から考えて、出てきたんですけど昔話に出てくるおじぃちゃんか!(笑)
あと「あっちゃん、あっくん」
面白くないけど、これはもう却下(笑)
AKBにもういるし、“くん”はね...(^^;)
それから「赤ちゃん」
赤西の赤にちゃんを付けて、発音してみたら、赤ちゃんになった(笑)
さすがに可笑しすぎて却下!!
んで、次は「かにちゃん」
かにしからとってかにちゃん!
笑えたけど、生き物の名前だからこれも却下...。

で、色々と考えたあげく最終的に「じんじん」になったんだけど(爆)
この無理やりなニックネームはどこまで意識しながら呼んでくれるんだろうか(笑)


こういったことや、コンサートの話、横浜の土産話などをしていたら、夜中3時半過ぎてて
さすがにもうヤバイと思って帰り、お風呂入って寝落ちしちゃったから
今、疲れがドバッと出てきてます(><*)
(肩こりがヒドイ(汗))

私が更新できてない間にKAT-TUN事では、今日韓国公演がスタートして、たっちゃんのコンサートも4日からスタートしましたね♪
聖がたっちゃんコンに駆け付けてくれたから、韓国入りを1人しないで良いし、本当に聖はメンバー想いですよね

レポ巡りも十分にできてないから、詳しくは書けないけど、たっちゃんの夢でもあったソロライブがまたできて、仁ファンの私までもが本当に嬉しいです★☆
今回、たっちゃんのコンサートには行きたいなぁって思ったんですけど
関西はたっちゃんの誕生日も近いし、できるだけたっちゃんのファンの方に行って欲しいなって思ったから諦めたんですけど...今になってやっぱり行きたいなぁっとか思いました(><*)
グッズとかも色々と可愛いデザインだし、時間があったら神戸まで行ってみるのも良いかなぁ。
とにかくワールドビックツアー、ソロコン共々、無事に終了まで走り抜けれるようこっそり応援しています!!





















以下、横浜ロケ地巡りの日記です★☆




大切な人を大切にする方法


仁のmusic talkについて書くつもりだったけど

今日は迷うことなく変更。




皆さん、読まれましたよね?


聖のマニュアル。



ついさっき読んできたけど涙腺緩んじゃって…どうしよう状態


何かね、聖なら触れてくれそうかな?って感じた。


私なりに聖のこと見てて…本当に強くて優しい温かい人だなって…


言葉の1つ1つにウソとか感じられなくて…私たちに向けてくれた思いを大切にしたいと思った。

KAT-TUN大好き

KAT-TUN好きになって良かった


幸せだよ



ってシンプルに答えたくなったの




本当にありがとう

もっと一緒に幸せになっていこうね


この一言に全て注ぎます






ただね、聖くん(笑)


何でこのタイミング?


大切だから涙あふれて止まらなくて
泣いて良いよ
なんてこと言われたら止まらない


私ね、今、関東行きの夜間バス乗ってるから
泣くに泣けない(笑)
(マジでめちゃくちゃ耐えてます(笑))




実は今回のことで友達と話したくなって横浜行きを決めました。


気分転換って気持ちもあるんだけど一番の目的はこれ。



けど、今この時に行けて良かった



私も大切な人を自分なりのやり方で大切にしたい


大好きだから



行きたいと思った。


今から心臓ドキドキして大変だけど、彼らを少しでも近くに感じてきます。



では行ってきます



大好きな街へ行ってきます!!!

タッキーと水族館デートの次はランチ♪

こんばんは、イチゴです☆★
もう、8月に入りましたね。
最近、もう本当に熱いからダラダラしちゃいます(苦笑)
あんまり食欲も沸いてこないし夏バテしているし
夏が嫌いな私にとってはこれからが辛いだろうなぁってヒヤヒヤ(*´⌒`)


が、そんな厳しい季節の中に、舞い込んでくる仁の名前が心を潤してくれます!
本当に、タッキー達の存在には救われました♪
(何度も、本当にありがとう!!)
この前の滝沢電波城で、山ピーがゲストで来ていたときに
仁の名前がまた出てきて、水族館デートの次はランチデートかと、嬉しくなりました(^^*)
(仁のお勧めのお店って何処?)
にしても、あの“財布忘れ”の小芝居は山ピーやタッキーだから通用するんですよね(笑)
(親しい人にだけ見せるジャイアンな仁がもう..)
仁ってお兄さん的なイメージがあって、じゅんのとご飯言ったときもスマートに会計を済ましたって言ってたから、ちょっとビックリしたんですけど、お兄ちゃん的存在のタッキーだと甘えることができるんですよね。
私も、仲の良い友達といると、結構、頼りない妹的な位置になっちゃうから凄くわかるなって思います。
外見は年相応に見られなく、絶対に25歳以上に見られるけど、中身は全然お子様だから、しっかりしないとなぁって思うんですけど、友達だと素が出やすくなって上手くいかないんですよね(笑)
こうやってさり気なく仁の様子を伝えてくれることも、凄く嬉しいし、ホッコリというか安心しました。


後々、あんまり触れていなかったけど、この前もタッキーのラジオで水族館デートを報告してくれましたよね♪
イルカのショーを観たいという発想からして可愛すぎですよね!
仁達が行ったところは生憎なかったみたいだけれども、2人で観覧車乗ったりだとか、
仁とタッキーだから、本当にどうにかしたいぐらい可愛いですよね(><*)
(思ったけどファンってちょこっと腐女子ですよね(笑))



さぁ、触れられてないことがたっくさんありすぎるけど
(英文のインタビューとかね、オリスタとかね!)
タイムリミットが迫ってきたのでこのへんで失礼します♪









プロフィール

カオリ

Author:カオリ
ブログ訪問ありがとうございます≧∀≦♪
赤西仁君が大好きなカオリのブログです★☆
※2012年、5月に管理人の気分により改名致しました!


仁君への想いを恥ずかしながら正直に綴ることを
モットーにしています(≧∀∩)
こんな私ですがどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

★☆お友達も募集しています☆★
コメントやメールもお気軽にどうぞ(^^*)
レスは遅くなるときもありますが(汗)
必ずさせてもらいます♪♪

※コメントは認証制ですのでご了承下さい。
管理人の判断でブログのコメントとして
相応しくないものは削除させて頂きます。



ジャニーズブログランキング

ランキング参加しています(*^^*)
よろしくお願いします








★☆クリック募金☆★

仁が望むこれからの未来...WORLD PEACE(世界平和)のために
今、私たちが出来ることを!!
興味がある方はこちらの方も一度目を通して下さると嬉しいです。
どうぞ、ご協力お願いします(><*)













クリックで救える命がある。
























カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
゜+☆Thanks for coming☆+°
☆★管理人カオリへメール★☆
お問い合わせなど、お気軽にどうぞ♪(*^^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。