Going my way

赤西仁君を応援するカオリのブログです♪彼の笑顔が耐えぬように..ただこの願いが少しでも届きますように★☆全ての想いを引っくるめて「仁、ありがとう」 
2010年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年03月
ARCHIVE ≫ 2010年03月
      
≪ 前月 |  2010年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

聖マニュ



ありがとう、聖。
胸がいっぱいになる、本当に素晴らしいマニュアルでしたよね。
聖の真っ直ぐな想いがそこにはあって...。
仕事の休憩中思わず大泣きしそうになったよ(笑)

頭では、いろんなことわかっていた。
けど、それは私の憶測や信じる心がそう思っていただけで
「分かっているつもり」、「信じたいだけ」でしょ?
って批判している人に言われたら、私は何て言葉を返せば良いのか分からなかったと思うな。

本当に謝らないで欲しい。
むしろ謝らなくちゃいけないのは私たちかもしれない。

だってさ、「ファンのことを第1に考えてない」って言われたときにさ
じゃぁね、「私たちは第1に思って貰えることしてきたのかな?」って思ったんですよね。
今まで、彼らを傷付けてきた人はいたわけだし、ファンとしてやってはいけない行動も多々あったわけですよね。
それはごく一部のわずかなファンの人だったにしろ、ちょっとだけ警戒心みたいなものも抱いてる。
それなのに第1に考えてもらおうって言うのが図々しいのかな?なんて思ったけど
本当にKAT-TUNのメンバーは優しさで溢れている。
私たちのこと、「信じて下さい」って言ってるけど、もう分かってると思うな。
本当に好きだと思うファンなら、私たちがKAT-TUNを信じてくれているってことを。
だから、「大丈夫、絶対に信じてるよ」って言い返したくなります。

でね、かなり嬉しかったのが「全力」恩返しするからってところかな。
聖のモットーみたいなものだけど、私がブログで書いた想いがそのまま載っている。
KAT-TUNは「全力」でやりたいからこそ、この2つの道を選んだってこと。
仁も、ソロコンのパンフで言ってたけど「自分の全てを注ぎ込まなくちゃソロライブをやる意味がない」って言ってくれているんです。
これも全力って言葉と似たようなニュアンスだと思います。
本当に真っ直ぐにしか進めない不器用でやんちゃで、愛に溢れた人達ですよね(; ;)


全て応援する。
まとめて応援するよ。

もう十分、十分幸せにしてもらってる。

ありがとう。
本当にありがとう。

そんなこと言われたら、こっちが逆に幸せにしたい。
全力で応援して
全力で守って
全力で愛して
全力でKAT-TUNと一緒に歩いていくよ。

一緒にもっと幸せになろうね?

前から運命共同体って言ってるでしょ?(笑)
何があっても付いていくからね!


本当にありがとう、聖。
ありがとう、KAT-TUN。
そして、仁、ありがとう。



あッ。そういえば偶然かも知れないんですけどね、KAT-TUNの日めくりカレンダーを見ていたんです。
仁が5月に渡米するとして、戻ってくるのが11月1日と区切りよく見るとして。

5月1日は仁がカメラをのぞき込んでる写真。

11月1日はKAT-TUN6人。

信じているけどさ、カレンダーもこんな風になってると嬉しくなりますよね(^^*)











スポンサーサイト

ありがとう

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
赤西仁 | Comments(-) | Trackbacks(-)

祈り

こんばんは~。
何だか凄く久しぶりに通常記事を上げるような気がします(^^;)
皆さん、不眠症とかになられてないですか?
私は、この衝動あってから、あまり眠れずにいます。
ベットに入るんですけど、眠さすら襲ってきません。
だからね、いっっぱい仁達のこと考えちゃうんですよね。
基本的に私の生活は仁中心に回っているんですけど、こういう時って、何してても仁のこと考えます。
だから正直、仕事以外の時間になると仁で頭がいっぱい。
仁のことしか考えずに、一日が終わっていってるなって気がします(笑)
(平和と言ったら平和すぎる頭だ(爆))
何かね、この前の留学がそうだったから、今回このことがあって大泣きしていない自分にちょっと驚きです。
そりゃぁ...泣いたけど、大号泣っていうのはないんですよね。
寂しさは感じるけど...きっと実感がないんですよね。
本当に向こうへ行くのかな?って今でもちょっと思ってる。
それに今は仁も日本にいる。
これは私にとってすごーく重要なことだわ。
時差があれだけ開くとね、普段と違って寂しさも余計募りますよね。
こっちは朝だけど、あっちは夜だとか。
大阪の天気と東京の天気も若干変わってくるけど、向こうに行くとガラッと変わってしまうし。
同じものを感じれない寂しさは東京にいないだけですっごく感じるのに、ロスだと更にですよね。
(空模様も気温も、まるっきり違うんですよね)
何だか色々と暗くなってすいません(><*)





それから...しつこいけど、本当に何度も言ってるけど、たくさんの考えがありますよねぇ。
さっき下の記事でも書いたけど、「ファンを第1に考えろ」とか。
たくさんの意見がある。
私はこういう考えだから、胸にグッサリ来る言葉達がたくさんあります。
ただ単純に仁が攻められてるって言うのが辛いんですよね。
きっと、こんな風にファンや一般の方が思って凄いことになることも仁達は分かっていたんだろうな。
(掲示板とかmixiとか荒れ果ててしょうがないわ)

ただね、タイミングが悪かっただけなんですよね。
たまたま2つのお仕事が重なってしまっただけ。
神様がイジワルしただけのこと。

みんなKAT-TUNが大好きで、仁が好きなだけなのに。
こんな風に衝突しちゃうのって悲しいですよね。
好きだから肯定する人もあれば、好きだから批判する人もいる。
これは仕方がないのかな?
“本当のファン”、“ファンの鏡”って言う人がいるなら、一体何を思ってどう行動するんだろう?
(個人的に“ファンの鏡”って思ってる人はいますが(笑))
...と、好きなだからこそ、こんなこと考えたりすることが良くあるけど。
後ね、これは今回、親友ちゃんにきっぱり言われたことだし、前からも言われていたことなんですけど...。
「もっと、仁に厳しくなって欲しい」
仁が本当に好きでその人のこと思ってるなら、間違ってると思った行動はちゃんと注意できるようにねって(><*)
(本当に痛いとこ、付かれたわ)
うぅ~ん、自分でも甘々すぎることは分かっているけど、私は仁にちゃんと注意出来ないなら本当の愛じゃないのかな?なんて思ってしまう。
良く考えるんですけど、「応援するとは」、「ファンとは」、「愛するとは」、「人を幸せにするとは」って何なんでしょうかね?
今回のことあって、たくさん頭を使って考えたけど、これだ!っていう答えなんて全然出てこない(笑)
あぁ...たくさんの人にコメントもらって全然お返しできてないのが申し訳ないけど
たくさんの仁のファン、KAT-TUNのファンと直接会って、直接会話したいな。
(特に仁ファンの方としゃべりたい(><*))


それから、今回のこともあったし、今日は28日で1ヶ月前は仁のソロコン千秋楽日だったこと思い出して、地元のお世話になってる神社に行ってきました。

20100328155224_20100328215401.jpg


無事に千秋楽を終えたことの感謝の言葉と、今回のことに対していろいろとお祈りしてきました。
私、仁を好きになってからこの地元の神社には良く行くんです(笑)
何かある度に行っているんですよね。
嬉しいことがあったときは、感謝の言葉。
ツアーやライブがあったら無事に終わることと、彼らやファンの人、全ての人の笑顔があるようにと。
(しかもツアーなんてあったら、初日の前、中間地点、オーラス前に)
後は、突拍子もなく仁のことお祈りしに行ったり、中傷や批判...仁が傷付くことあると体が動くんですよね。
だから、私、一年を通して良くこの神社にはよ~く行きます(笑)
(あぁ...ここに良く来る時点で年相応じゃない(爆))

ここでたくさん、祈ってきたことあって、ほとんど叶ってきてるからこそ、この神社に来ると、本当に祈りが届くような気がするんですよね。
(今年もたくさん行きそうだな(笑))

何かね、今回のことあって、神様が本当にいるなら、「イジワルするなーーー!!」って思ったけど
これもまた彼らにとっての大きな試練みたいなものですよね。
試練を乗り越えて、人は大きくもなるし幸せにもなる。
(今回のことを試練と呼ぶのも本当はおかしいんですけど(^^;))
これはどこかで、耳にした言葉だけど...
「神様は乗り越えられる人にしか試練を与えない」

うんうん、彼らならどんな試練も乗り越えてくれて
大きく成長して、また一段ととびきりかっこよくなって、魅力的な人達になっていますよね。
(そんな風になったら、本当に本当に離れられなくなるッ!)

本当は、神様にお願いなんかしなくっても彼らなら大丈夫ってこと、すごく分かっているんです。
今までずっと見てきたし、何よりもこんなに愛されているんだから。

でもね、私にできることっていったら、見守って、こうして祈ることしか出来ないんですよね。
直接関わることができていたら...って何度も悔しく思ったけど
今、自分にできることがあるなら、「祈る」なんです。
限られたことしかできないからこそ、その1つ1つに懸命なんですよね。


後ですね、この神社に行って気が付いたんですけど。
もう桜が咲いているんですね。(5分咲きぐらい?)
温かい日もあったと思えば、寒い日もまだ続いてたからまだかな?って思っていたんですけど。
やっぱりもう4月手前になると咲いているんですね。

満開じゃないけど、花としては開いている。
まだ見頃とは言えないけど、キレイでした。
これから、成長して満開になって一番キレイになっていくんですよね。


KAT-TUNだってそう。
満開の桜みたいに、キレイに花を咲かせて最高に輝く時がある。
それがライブだったり、めちゃくちゃ良い笑顔で笑ってるとき。
私はそう思っています。
その花を咲かせるために、いろんなところからパワーをもらって花開く。
植物だと、水だとか太陽の光。
私も、仁やKAT-TUNにとって、何か少しでも力になれたらいいのにな....
なんて、いつも思ってるけど、こう言うときだからこそ特にね。



そういえば、ゆっちのページには、本当に感謝ですよね。
こんなにも私たちのことを思ってくれている。
普段使わない絵文字を使って本当に楽しそうで嬉しそう。
これから自分がすべきことちゃんと理解して、がんばろうとしてる。
これだけでKAT-TUNの未来が見えてきてしょうがない。
こんなにポジティブに前向きなところを見ると、やっぱり安心しますね(^^*)
(ありがとうねーーーー!中丸なんとかくん。(笑))

それから、私は見れてないけど、亀ちゃんのGoing sports。
(関西は放送ないんですよ(><*))
何だか聞くところによると、すっごく可愛くって、楽しそうだったんだとか。
スポーツが好きな亀ちゃんだから、楽しいのは当たり前か(笑)

ゆっちと同じように亀ちゃんもそうですね。
ちゃんと前向いてしっかり進んでいる。

それから、すっごくビックリしたんですけど、番宣中にKAT-TUNの新曲が流れたんですよね。
「Going」っていうタイトルみたい。
もう、こういう時にこんなタイトル持ってこられたら、進んで行くしかないですよね。
みんな、みんなちゃんとビジョンがある。
仁の留学のときも「僕街」持ってきたし、わざと狙ってるのかな?
後ね、気になったんですけど、その新曲にちゃんと仁の歌声はあったようですね。
そうだよね、休業じゃないし、何で変なところ心配になってしまったんだろう(^^;)
(きっともし、アルバムが出ても仁の歌声はそこにありますよね♪)






ではでは、以下はちょこっとご報告。
(いらない、ご報告だけど(苦笑))
























WE LOVE KAT-TUN

仕事の休憩中にもんのすごく良い動画見つけました。



本当に心が温かくなる



本当に愛されていますよね、彼らは(>_<。)




仁達やKAT-TUNが
ファンのことを第一に考えてないって批判がすっごくて、辛かった。

ファンのことを何よりも考えるべきって意見が多くて…正論だから何も言い返せない自分がいた。



そんなことない。
そんなこと絶対ない。



悲しむファンはこうしてたくさんいる。


私も応援してるけど寂しいことは確か。
そういう人は、たくさんいる。


『なら、それは絶対に選んじゃいけない選択肢。』


それを言われたとき、本当に言い返せなかった。


悲しむことわかってその答えを出す芸能人はしょうむない。


はっきり言われて、涙が出た。



私はファンで彼は芸能人。

私はファンだけど仁を芸能人って目線で見たことない。


1人の男性として仁が好き。

ファンを第一に考えてない結果になったのかもしれないけど、私は大切にされてるだけで良かった。

仁が一番に望むことがあるならファンを最優先にしなくていいよって思った。

だから、私は今回のこと全力で応援できる。


けどそんな考えの人ばかりじゃないことが確か。



だけどさ、あの動画を見たら



やっぱりファンのことを一番に考えてくれていた

そうとしか思えない。





たくさんの人に見てもらいたいな。




たくさんの人に伝わると良いな

何より彼らに見てもらいたい。



彼らは、日本のファンだけじゃない




世界のファンのことも考えている





以下、YOUTUBEにて

「KAT-TUN デビュー4周年 II FINALPROJECT」


きっとたくさん感じることあるはずです。



彼らがこんなに大きな2つのプロジェクトを断れなかったこと。

私の憶測にしかすぎないけど....。

仁の夢、やりたいこと。

KAT-TUNの更なる飛躍。

これからの未来、パワーアップしていくために。

今しか、両方チャンスがない。

でも中途半端には絶対したくない。

KAT-TUNのファン以外にも彼らの大切にしている人はたくさんいる。

この前は、仁の家族の達の想いしか書いてなかったけど
仁の家族も、仁の友達も、そしてきっと彼らを裏で支えているマネージャーやスタッフ。
たくさんの人が願っていると思う。
夢を掴んで欲しい、叶えて欲しいって。
そして、彼らの本当のファンなら、わかってくれる。

彼らの大切にしている身近な方々は直接言葉に出して言うことなかっただろうけど
こう思っていること知って、この答えを選んだことも1つだと思うの。



何より思ったのはこの動画を見て

世界中にいるファンの人達のことを考えたんですよね。

私は日本にいるから、ライブをやってくれたら会いに行ける。

でも、今回みたいに海外ってなると日本のファンの方は、ほとんどが行けないと思うんです。
ってなると、逆に世界中にいるKAT-TUNファンも日本での公演は行きにくくなる。

私たちみたいに大好きで、何年も何年も大好きなのに、KAT-TUNに会いに行けないファンは海外にはたくさんいる。

だから、こういうチャンスが巡って、世界中のファンのことも考えての答えですよね。



もうこれだけ答えが出そろったら、今回の6人が出した答えは正しいと思っています。
正しくはなかったとしても、よりベターな選択だと思います。

まぁ、何が間違っていて正しいか...なんて言うのはおかしいことなんだけど(^^;)



でもね、こうして言葉にして、頭でわからなくっても私は応援する道しか選ばなかったと思いますが。
アメリカでやりたいって夢がなかったとしても、私は好きだから応援する。

“赤西仁が好きだから”

本当はそれだけでいいんです。

応援する理由...。

私にとってはそれが一番の理由なんです。






















Love factory

あの衝撃が流れた25日から、たくさんの想いに触れた気がします。
それで私が感じたこと。

KAT-TUNって何て愛が溢れているんだろうってこと。
メンバーも仁もそしてファンも。

そこに共通してるものがあるとすれば、“愛”です。

いろいろな形の愛があって、想いがある。
人間だから当然のこと。

好きって根っこから生まれる想いがたくさんあります。



ブログのタイトルは、Love factory(愛の工場)
(ある歌を聞いてこれだって思いました(笑))

好きって気持ちから生まれた、たくさんの愛。
みんなが持ってる心という工場から生まれた愛。
次々と溢れ出てくる、愛あるかこその想い。

私は凄く、この二日間で感じました。

仁、KAT-TUN、ファンの想い、仁ファンの想い、5人のファンの想い。



そして以下は
私のLove factoryから生まれた素直な気持ちです。








※お返事遅くなって本当にすいません
 (しばし、お待ちを

PS.はるちゃん、仁美さんのコメレスのみ、お先に返事上げています!



私は仁が大好き

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
赤西仁 | Comments(-) | Trackbacks(-)

これが幸せに繋がるための壁なのか?






仕事中もずっとライブのことが頭から離れない。


職場の先輩もKAT-TUNが好きだから凄い話が合う。


KAT-TUNは6人でKAT-TUNなのにって。



でもね、彼らが出した答えを第一に応援したい。


寂しいのは、好きな分付いてくる。



だから寂しさを感じたらダメな訳じゃない。


感じてしまってもどう行動を取るか。



仁の考えたこと、選んだことを誰よりも応援したい。

KAT-TUNみんなだってそう。

ファンが悲しむことわかっての決断だから彼らも心の奥で申し訳ないと思ってるはず。



全て考慮した上でのこの答え




あなたが選んだことなら



例え間違っていても


どんなに反感をかっても




私は仁を応援したい。




寂しいけど、悲しいけど



私は仁が自分の道を歩いていってほしい



私がどんなに涙流すことになっても



とりあえず、仁の顔が見たい


仁から直接、聞かせて欲しいよ




あなたが笑ってキラキラの表情で言うなら



行ってこい



って背中押すよ。



前に出来なかったことファンとしてするよ。



神様……
正しい答えや行動なんていらない


どうかみんな笑っていますように


幸せでありますように

赤西仁アメリカでソロライブ決定&KAT-TUNアジアを含めたライブツアー決定

朝目覚めたらこのニュースで持ちきりで、動揺が隠しきれません(; ;)
頭や心が追いつかないってこういうことを言うんですね。


スポーツ新聞各紙からの情報によると

仁が6月19日、20日に米ロサンゼルス公演を行う。
KAT-TUNは5~6月に新潟などを回るアリーナツアー(仁を抜いて5人でとのこと)。
7月16日の東京ドームを皮切りに同31日にタイ・バンコク、8月6、7日に韓国・ソウル
京セラドーム大阪を経て同27、28日に台湾・台北のWORLD BIG TOURが決定。
(ジャニーズのアーティストでは初の米ハワイ公演も調整中のようで全55万人を動員予定)


米国のテレビ局からはロス公演以降も全米のクラブを回るツアー案が出されており仁は5月から10月まで留学。

仁とKAT-TUN(5人)が別れて世界進出すること、プロデューサーによると当初は6人でやるつもりだったようだけど、ところが友&仁を閲覧した米国の日本語テレビ局関係者が2月中旬にロス公演をオファー。
ジャニーさんとメンバー6人が集まって協議したところ本人の強い希望と「チャンスを見逃すな」という5人の後押しで仁のツアー離脱が決まったよう。


ジャニーズ事務所は同期間のスケジュールをまだ白紙の状態でどのタイミングでKAT-TUNと合流するかは未定。

仁のロスでの公演は約2000人収容の会場で行われ、ダンサーやバンドメンバーは現地でオーディションを決めている。
公演は1時間半ほどの予定でmcは全て英語で行われる。

海外公演は初めてで全55万人を動員予定。ハワイ公演の計画もあるという。

 「5人公演」に臨む亀ちゃんは「メンバー一人一人が今、与えてもらったチャンスです。KAT―TUNにとって良い未来につながると信じて進んでいきたいと思います」と、世界を舞台にしての飛躍を誓った。



仁からの言葉も掲載されています。


海外公演にトライできることになり、うれしく思います。
僕が日本でやってきたエンターテイメントや音楽を今度は海外に住む方達と一緒に共有してみたい。




アメリカでの公演は仁が望んでいたことだけど、こんなにも早く決定するとは思ってもみず
本当にプチパニック状態です!!!
5人でKAT-TUNのライブツアーを行うことはちょこっと寂しいことだけどみんな仁を気持ちよく送り出してくれたみたい。
5月から仁のアメリカでの滞在が決まったりで本当に頭が追いつかない。
色々な意見があると思うけど、私は応援したいって素直に思います。

私がこのニュースを知ったとき、涙を流しながらを空に叫びました。




仁、本当におめでとう。


KAT-TUNおめでとう。


夢が叶って本当に良かったね。
仁、本当に良かったね。




正直スポ誌もまだ買えてないし、WSも見逃したから詳しいことは分からないので
また帰ってきてからたくさん追記したいと思います。



これから始まる彼らの新たな大きな第一歩をソッと押して支えたいな。
取りあえず、スポ誌全部買ってきます。






3年間ありがとう



とうとう、カツカツの最終回のOAも終わっちゃいましたね


笑って見届けるはずが始まりの予告から涙してしまい、ずっとずっと涙で溢れた30分でした(; ;)


初めて、カツカツが終わると聞いたときいっぱい涙したのに、やっぱりあれだけじゃ、三年分の思い出として足りなかったんだなぁ。


本当に、本当に素敵なKAT-TUNや仁を届けてくれましたよね

いろんなシーンが流れて、それと同時に今までのみんなの笑顔や仁の笑顔がフラッシュバックしてきて
私、笑いながらボロボロ泣いちゃいました(泣)

北海道でロケ行ったときの優しい仁パパだとか、本当に覚えている。
お蔵に回ったけど「眠いの?眠くないの?」ってゆう君に問いかける仁があまりにも優しかったこととか。
紙芝居読んであげてるところとか、オムツ代えてあげてるところも。
私、このときの仁が本当に好きすぎたから、何度もリピしまくって
OAされた夜なんか、ベットの中で3時間はずっと泣いていたんですよね(笑)
(仁の顔を思い出しただけで好きすぎて号泣だったわ(><*))

後々、視聴者が見たい名場面の第2位のしょこたんとのコスプレも良く覚えてる。

この回は、仁が私の名前呼んでくれて、もうどれだけ嬉しくて萌え死にしたことか(嬉泣)
(それにセフィロスもよく似合っていましたよね♪)

で、堂々の第一位の仙台でのゆっちのバンジーなんか、メンバー愛溢れまくって本当に素敵でしたよね。
みんながみんなゆっちのこと励まして、ホッコリして絆を感じましたよね(^^*)





あぁ...今、涙してるけどすごく不思議です。
本当に終わったのかなぁって。
来週もテレビの前にスタンバっちゃいそうな自分がいます。


でも、最後のみんなの挨拶を聞いたとき凄く実感しました。
(仁の噛み具合が可愛い!)
ちゃんと、頑張って伝えてくれてもう本当に嬉しいな(; ;)
しかも最後の最後、あそこでプレワン流すってどれだけ反則なんだろう(><*)


仁達も、「会えなくなるわけじゃないんだから」って言ってくれたから
良いように捉えよう、笑顔で見送ろう、そう決心してたけど
みんなの素敵すぎる笑顔を見てたら、本音が出てきます。

本当に寂しい。

これ、言わない方が良いんだろうけど、寂しいって思えば思うほどそれが楽しかったってことだと思うから。

カツカツ、最高
楽しすぎる
もっと見たい

心の声は余計に溢れてくるけど、

それだけ感謝の気持ちも溢れて温かい気持ちにもなったりで……


だから、今は涙堪えるよ。
笑って「また会おうね」って言える(*^^*)
別れは始まりでもあるよね?


みんなが素敵な思い出をたくさん残してくれたから。
その笑顔をいつまでも胸に入れて、今をみんなで進んでいくよ。



3年間、本当にお疲れ様でした。

そして、心から感謝します。

カツカツ君、ありがとう。

KAT-TUNのみんなありがとう。

そしてカツカツのスタッフの皆様、ありがとうございます。






仁、絶対ね。

みんな絶対に「またねッ」

また嵐がくるのかな?

わわわわ


25日、何が明かされるんだろう(><*)

気になる、めちゃくちゃ気になる!!


監督さん?プロデューさん?詳しくは分からないけど、
会話が、BANDAGE見てないんですよ、すいません~ぐらいしかないから勉強しないとってッッ

Twitterでこんな風に爆弾もらすなんて、本当に反則(><*)
(今日(ってかもう昨日)に仁とお会いしてきたよう)


だって、ちょっと期待しちゃうよ。

また大泣きして喜ぶことがあるかもしれない。


ドキドキして緊張してきた。



とにかく、マジメでやさしい感じの方って感じてもらえて良かったね♪
(本当は、それどころじゃないんやけど(笑))




とりあえず25日まで待とう(><*)
(心臓が異様にドキドキしてきた!)



仁、また近いうちにってそういうことなのかな??

4th Anniversary 

デビュー 4th  Anniversary

亀ちゃん、じゅんの、聖、たっちゃん、ゆっち...。

彼らに携わるスタッフの方々、そしてファンの皆様。

デビューから4周年記念、本当におめでとうございます(o^∀^o)

そして、本当にありがとうございます!!







今年もこの時期が来たんですね。(...早い(笑))
確か、来年の4月になったらグループ結成から10年が経とうしているんですよね。
あの華々しくデビューを果たしたとき、私はまだ高校2年だったなぁ。
仁に出会ったのが、2004年の12月だから、次の12月が来たら6年が経つのかッ!!
(そりゃぁ私も年を取るわけだ(笑))
しかも私が21歳だから、人生の1/4はKAT-TUN一色だったってことなのかΣ(゜゜)
(浮気したことなんて一度もなかったし、常に仁しか見えていなかった(笑))


私は、デビューする前から彼らが大好きで、そりゃぁデビューへの願いは大きかった。
けどデビュー当時は本当に複雑な気持ちを抱えつつ喜んだけど、
けど今はこのデビューが本当に本当に大きな軸となる大きな出発の足跡だったんだなぁって
今になってわかることがたくさんあります。



そんな素敵なデビュー日という記念日をこうして、6人と向かえることができて本当に嬉しく思い、感謝の気持ちで溢れます(*^^*)

前にも話したんですけど、私の働いてるお店のお菓子のコーナーには期間限定5人組のKAT-TUNの+Xのポスターが貼られています。
(いつまで貼ってるんや(笑))
本当に、本当にみんなの表情が明らかに今と違う。
今、笑っている6人の表情がどれだけ穏やかで優しいのか肌で感じます。
グループとしての結束力や信頼、そして大きな自信。
言葉にしなくても、いろんなものが滲み出ていることがよく伝わってきます。
仁が今月の後半2誌でKAT-TUNのことを“今のままでいいんじゃないのかな?”って言ってたこと。
その言葉の深さを今改めて納得できてヒシヒシとそうだなぁって感じます。

メンバー同士、理解しあってきたこともそうだし、メンバーの1人1人がKAT-TUNのグループであることを大切に思っている。
聖が前に、DVDのドキュメンタリーで「好きだとは言えないよ...でも大切に思ってる」みたいなことを話していて、何か凄い頷けたんですよね。
そして応援している私たちファンがKAT-TUNと作ってきた思い出を胸に入れて、そして彼らのファンであることを誇りに思って、凄く良い繋がりが生まれて来てるなぁって感じます(^^*)

特に仁は、今回のソロライブを終えて、ファンとの心の距離が凄く縮まったんじゃないのかな?

上手く言えないけど、”今のままでいい”って私も素直に思います。

今のままっていうのは成長していかなくていい...ということじゃなくて
今のままで自然に変わって成長していけることを心で知っているからですよね。
仁がこの言葉を言ってくれたとき、本当に嬉しくって、KAT-TUNやファンのことを信じて、愛しているんだなぁって感じたんです。

きっとね、仁だけじゃなく、みんなもきっとそう思っているはず。
帰れる場所があるってことの大切さだとか、デビュー4年目を向かえて、今までたくさんのこと感じて経験して、今、彼らなりの道を堂々と歩いて行ってること、本当に誇らしくってどこまでも着いていきたいと思います。

何がこれから先起こるかなんて誰も分からない。
また大きな壁が立ちはだかってくるかも知れない。
デビューしてから4年目。
芸能界で長く活躍してる方々から見たら、まだまだな位置にいるのかもしれない。

けどね、私、彼らなら大丈夫だって心底信じられます。
根拠?そんなの彼らを見ていたら答えなんてすぐ出てきますよね。

お仕事のことでいったら去年、今年に入ってからのKAT-TUNの活動で大きなものといえば、コンサートっていうのが凄く印象に残って仁ファンにはソロの活動のことが凄く思い出に残ってることが本当のところなのですが(^^;)

彼らのやりたいお仕事ができているこや、変わらず彼らの笑顔を見れてることが

私にとっては凄く幸せなことだって変わらず思います。

仁がソロの活動を楽しそうにしてやる気満々だったことについて、叩かれたりもした。
その時にバッシングされた言葉は本当に酷くって...(泣)
仁もね、今回のソロで得たことをKAT-TUNという場所でちゃんと披露して新たなKAT-TUNの魅力に繋げてくれると思います。仁だけじゃなく、他のみんなもそう。
KAT-TUNっていう帰る場所があることは本当に幸せなことですよね。
みんなみんな、言わずとも心で分かってるはず。
ソロのお仕事は誰かが目立ってしまうけど、そんなことで他のメンバーが誰かの頑張りや活躍を喜ばないわけがない。
だってさ、最終的にいつも戻って来る場所はKAT-TUNって大きな海なんだから。
(だからこそ、あのバッシングは本当にあり得ないし、ファンがいう事じゃない!)


彼らが笑うなら私たちも元気や笑顔を貰って、彼らが悲しむなら私たちも悲しんで。

共に一緒に生きていることが、この上なく幸せだって実感します。

これからもあなた達と

一緒に泣いて

一緒に笑って

一緒に成長して


一緒に生きていこうね。


運命共同体の私たちだから、もう離れられないしどこまでも、いつまでも。

もう覚悟やいろんな決心はもう着いてるよ。


これからの長い長い道のり、どうぞこれからもよろしくね(^^*)

いつも支えてもらってばっかりの私だけど
私が元気な時ぐらいは、みんなの背中をソッと押して見守ってあげれるような...。
そんなファンになれたら良いな。
今は感謝してお金を払うことしか出来ないけど(笑)
(リアルすぎる(爆))
何があってもずっと味方だし、応援していくからね。
私がみんなに返せるものなんて、ほんのこれっぽちしかないかもしれないけど...
私ができること、ありたっけのものをKAT-TUNのみんなへできることを変わらずするよ。


愛を持って応援する。

温度差だってそれぞれ、みんなある。
彼らが出てる雑誌だとか、CDを全て買う。全ステするとか...。
やっぱりお金の問題や時間の問題あって全うできるものじゃない。

だからこそ、これに限るでしょ?(笑)
まだまだ、子供だしワガママな私だけど
君たちが大好きって気持ちを大切にするよ。


愛すること。応援することの本当の意味。
その幸せをくれたのは、その特権をくれたのは
みんなだよ。

本当にありがとう。



改めて、デビュー4周年記念おめでとう

みんな、大好き!

本当に大好きだよ!


これからも彼らの活躍と笑顔が日々絶えることがありませんように。


ここにたくさんの感謝の気持ちを込めて。


みんな、本当にありがとう。

いつもファンのこと考えてくれてありがとう。

お仕事がんばってくれてありがとう。

今、そこで笑っていてくれてありがとう。


いっぱい愛してくれてありがとう。





そして彼らのお仕事に携わってきた全ての人々

彼らを支えてくれる人々、たくさんのファンの皆様。

本当にありがとうございます(o^∀^o)


頑張ってきた彼らあっての4周年だけども

その裏側を支えて下さったたくさんの方にも、心から感謝します


Thank you for Evrything






今日はデビュー記念だしケーキでも買って、リアルコンのDVDと不滅コンのDVD鑑賞でもしようかな(^^*







2010年3月22日 From Ichigo....with Love







皆さんはこの季節何を聞いていますか?&後半二誌をお持ち帰り



こんばんは~☆

最近、本当に温かくなり小春日和ですね(^^*)
お天気が良いと空を見上げたくなるのが私のクセで、春になるといつも以上に空を見上げる時間が多くなってる気がします
空を見上げるといつも仁のことを考えてしまうので、何かといろんな気持ちが沸々とわき上がって来ています。
(この季節、常に気になるのが風邪のことですが(^^;))

そして、こんな季節に聴きたくなるのが、「oh my mind」なんです♪

全然ブログで触れてないなぁとは思うんですけど、めちゃくちゃこの曲が大好きなんですよね(><*)

あのメロディラインもゆったりしていて好きだし、ロックなKAT-TUNとはギャップがあるけどそこがまた良い味を出していて、歌詞とかちょっぴり切なくて甘酸っぱいけど、凄くいい曲ですよね(^^*)

特にCメロ(?)の「あの街を通るたびに」からがドツボで何度聴いても聞き惚れます
それに後半1分半ぐらいの仁の高音の甘いフェイクが絶品ですよね
本当に気持ちよさそうだし優しい歌声で、このフェイク聴いてるだけで何でか今は凄い泣けてきます(; ;)

で、oh my mindとセットで聴きたくなるのがアンサーソングのon your mindなのですが
これも今の時期に聴くと、凄い感情深いものがあります!
(またKAT-TUNのバラードって神掛かっているんだよな

この2曲とも、歌詞共々切ないけど、それだけじゃなくって、良い余韻が残るんですよね。
何て言うのかな...深い傷と一緒に生きて行こうとしてる前向きな姿勢というのかな?
忘れたい消し去りたい苦しい想いもあるだろうけど、その気持ちも引き連れて歩き出そうとしてるのが良いなぁって♪
ムリに消すんじゃなくてありのままの自分を受け入れて、進んでいこうとしている。
傷を背負って生きることは難しいと思うけど、忘れられない人がいるってことはそれだけ大きな想いがあって素敵な恋愛をしてきたってことだと思うんですよね。
今、失ったものがあって辛い人にそういうことを言っても伝わらないかもしれないけど...。
大切な想いがあるって言うことは本当に素敵なことだし、誇らしいことだと思うんですね。


私も、仁を好きになった頃は今よりネガティブで、どれだけ泣いていたか分からないし、もっとマイナス思考で今ある幸せに目を向けようともしなかった時期があったな...なんて思います(^^;)
そりゃぁ、今でも古傷がうずいたり、積もり積もった傷が爆発して大泣きする夜とかもあります。
けど、仁の笑顔見てると、「好きになって良かった」って心から思えます(*^^*)

ってか、何をべらべらと語ってるんだろ(笑)
とりあえず、この2曲は春に聴くとお勧めってことです♪
(後、youも外せませんね)




で、本題は今日、お持ち帰りしてきた後半2誌


明星が本当にツボでニヤニヤしています
友仁の甘ささ流レポートを届けてくれているんですが、これが本当に良いですよね(^^*)
ほかの雑誌とは違って楽屋や舞台裏のゆるーい雰囲気にほっこりします
「公演はそりゃぁ、疲れるでしょ。でもやっぱり楽しいよ」って言ってくれているのが本当に嬉しい限りです♪
(リアルな感想なだけに、余計にグッと来る)

本誌の大人についての本音トークも仁らしくって淡々と好きだなぁって思います(ドキドキ)
思いやりが大切って言い切るところとか本当に仁だなぁって(><*)
(うんもーーー反則!)
あとね、仁がなまけ者だと思われているフシもあると思っていること。
(やる気がないとか不真面目だとか叩かれたことのことを言ってるんだと思う)
仁が公演中すごく努力していたことをちょこっと話してくれているけど、それを押しつけがましく「これだけ頑張ってきました」って全面に出すのがイヤなだけなんですよね
そこに仁なりの気遣いや優しさが感じられますよね
確かね、6年前ぐらいの明星にもそういうことが書かれていた記事があったんですよね。
“人前では努力を見せたくないとか...頑張っているところは人に見せるものじゃない”とか。
あぁ、本当に根っこの部分は変わってないんだなぁっと。
(流されない、意志が強いところが大好き←またどさくさに言ってみる(笑))


ポポロにも仁のKAT-TUN愛を語ってくれてるところがあってそこも妙にツボなんですよね(><*)
「6人は今のままがいいんじゃない?」ってポツリ言ってくれているんですけど
そこに凄く深い物があって、今までのみんなの絆が感じられるんですよね。
KAT-TUN5人の良いところや悪いところ、いろんなところをお互いたくさん見てきてぶつかり合ってきた彼らだからこそ、良い関係が築けて、仲間を受け入れたりわかり合っているんだなぁってことが凄く伝わってきます。

簡単な言葉かもしれないけど、仁が伝えたいことって大きなポイントが必ずあってそれを見事に付いてきて外してないから凄いなぁって思います。
彼が作る音楽にしろ、伝えたいことは、本当は凄く深いことや素晴らしいことなんだって改めて。

アイドル誌も感想とか書けてないものが凄く多いけど、友&仁が終わった直後の仁からの言葉なので、時間を見つけてゆっくり感想でも上げていきたいなぁって思います
(他にもパンフのこととか、Eternalのこととか!!(笑))


あと、昨日オリスタも連れて帰ってきたんですけど、これはカツカツの最終回の記事と共に合わせて感想上げますね!


ではでは、今日はこのへんで











復活しました&ホントに妬けちゃう&充実した日々



やっと、パソコンが使えるようになりました(><*)
出費がいたかったけど、こうして使えるようになって安心です
(地味に感動したわ)
ってことで、今日から改めて更新頑張って行きますのでどうぞ、よろしくお願いします★☆
(もう拾えないものがたくさんありすぎるけど(^^;))

あ、それから一応ここで追記なんですけど...
クリック募金のページ少し書き足したので、興味がある方は覗いてあげて下さいね(><*)
こちらからどうぞ♪)
改めて、協力して下さった皆様に心からの感謝を込めて...(ペコリ)



さぁ、久しぶりの更新、まずは昨日のカツカツ!

下町ハイカラデートのオキテ

何度かリピしました。
けどね、何度見ても泣けてくるんです(; ;)

番組始まって仁の顔が映ってから、もう本当に泣けて泣けてしょうがなくって、
ひたすらデレデレ、テンション高い仁を見てヤキモチ妬きながらもずっと泣きました(泣)
(お気に入りはトリちゃんですよね?)

自分でも何かがプツンと切れたんだと思います。
あぁ、もう何であんなにかっこいいんだろう?
テレビに仁が映ったとたんにあまりに仁がかっこよくって「仁、かっこいい!」って叫びながら泣いちゃいましたよ(笑)
あのデレデレ仁にイライラしつつ見たけど、あのかっこよさと可愛さで最終的に何もかも許せてしまう!
悔しかったけど、あぁ本当にかっこよかったです(何故に上から目線?(笑))

今回の仁のビジュアルって評判悪かったと思うんですけど
そこは溺愛盲目な私なんで、いつものこと(笑)

ソロコン終えた仁の姿があまりにも素敵すぎて、涙なしには見れないものがありますよね。
醸し出すオーラからかな?表情からかな?
それとも、ずっと会いたくって泣きじゃくってた一昨日があったからなかな?
何気なくトークしてる仁が本当に好きだなぁって思いました。
(やっぱり痩せて、髪の毛も少し短くなっていますね)
しかもこれが最後のカツカツのロケかと思うと、どうしてもいろんな想いが込み上げて来ますよね(; ;)

自分自身、思ってもないほど、クリちゃんとトリちゃんにジャラシー感じちゃったけど
こんな仁が見てワーワー言えるのも、本当に幸せなことなんですよねぇ...。
(うぅーーー羨ましい!!私も仁とデートしたい、めちゃくちゃしたい!!!←え)

正直、あの手つなぎリードしてるところなんて、見てられなかったけど、ちゃんと見て。
何とも言えない感情に襲われたけど、私、仁の手好きなんで、どうしても見ちゃうんですよね(><*)
森三中さんの時もそうだったけど、本当に手が優しいんですよね。
(あぁ、指先まで全てが大好き←いきなり何?)
キス発言は、冗談にしろビックリしたけど、「もうどうぞ、お好きに」って感じで開き直っちゃいました(笑)
あのホットなフォトも仁が良い表情してるからか、更に羨ましく(><*)
(リアディゾンちゃんの時の回を思い出してしまったわ(^^;))

後々、おもちゃ屋さんで赤ちゃんの人形買って、写真を撮ってた時が本当にツボで
仁の表情が本当に優しくってここでもまた妙に泣けてきます(; ;)
また相手さんがリアルすぎて、いろんなこと考え込んでしまったけど
(相手のモデルさんはこの際、無視しよう(笑))
仁が家庭を持ちたいという夢が、本当に大きなものであるんだなぁって改めて感じた瞬間。
やっぱり、最愛のパートナーの出現はまだまだ先のことであって欲しい...(今月の前半3誌より)
(毎回言うこと変わってない自分がイヤになる(^^;))

あとあと、最後のロケ地でもんじゃ焼き行った時に仁が「お母さん」って呼ぶ声が本当に優しいですよねぇ(^^*)
「醤油かけていいですか?」って聞くところも本当に優しかったし
それに駄菓子屋さんで桜大根っていうお菓子を発見してテンション高くなってる所が本当に可愛くって、ここだけは何も感じずただ癒されました
(早速、駄菓子屋さんで桜大根、探してこなくては

他にも細かく感想上げたいけど、ネチネチと愚痴ってしまいそうなんで、止めときます(^^;)
(ブラックな自分が出てきそう(笑))


で、次はとうとう総集編で最終回になりますね(><*)
(一気に寂しさが込み上げてくる)
もう予告だけで、ウルウルしちゃったけど、できるだけ笑顔でみんなを見届けたいと思います!




そして、今回ちょっと遅れたけど前に比べると全然優等生な仁マニュ。

ライブ終わった後の仁からの言葉を凄く楽しみにしていたので本当に嬉しかったです(^^*)

中丸なんとか君とディナーに行ったことや、今はわりとゆっくりしていること。
(ゆっちが行ってた焼き肉のことかな?)
“毎日充実している証拠”と仁自ら口にしていることが、本当に嬉しくって安心しました。
(ってことは風邪も引いてないよね?)

曲でも作ろうかな?の下りが正直、良く分からなかったけど(笑)
新しく作った曲をどうか次のライブとかで披露してくれたら嬉しいですよね♪
(「それでままた近いうちに...」と意味深な挨拶で締めたのが気になるし、期待してしまいますしね



久しぶりに更新してみるとやっぱり、習慣って怖いなぁって思います(^^;)
ちょっと書いただけなのに肩は凝るし、時間の余裕も全然変わってきますね。
(後1ヶ月放置してたら完全に戻ってこれなくなってたわ(笑))
また更新しだしたら、これが慣れてくるのかもしれないけど、マイペースに感覚を取り戻しつつ頑張って行きたいと思います!!

ではでは~このへんで
















いと愛しい

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
赤西仁 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ちょこっと書いておきたいこと


かわいいッ(*´д`*)
めちゃくちゃ可愛い~


私のお店でKAT-TUNの曲がエンドレスで流れている件のこと(笑)
(また、引っ張ってくるんかい(笑))


雑貨屋さんってことで小学生とかの年齢ぐらいの子供が良く来てくれるんです

子供って見てるだけで可愛いのに、KAT-TUNの曲を歌っているんですよ


まず、一番多いのがラブユア!!


「君が嫌いな君がす~き~~


しかもね、ただ歌ってるだけじゃなくリズムにのりながら歌ってるし、とっても可愛いんですよ
(連れて帰っても良いですか?←やめんかい)

仕事仲間と一緒にKAT-TUNトークしながら話してると、ラブユアを歌ってる子供が結構いて、中学生ぐらいのお客さんも鼻歌を口ずさんでいたりと、ヤマナデの影響あってかすごい人気です

これ、亀ちゃんたちが知ったら結構嬉しいだろうな~
(直接伝えることができないのが残念


その次はD-モ!!

ノリが良い曲だからか子供も覚えやすいのかな?何でこの曲を知ってるか気になったけど、たぶん常連さんが多いから覚えたんだと思います(笑)

「D-Mothionッッ」って飛び跳ねながら歌ってる子供に驚いたけど、これも本当に可愛くって

後、最上級に可愛かったのがこの曲…


「ギリギリでいつも生きていたいから~~アァ~

ヒャァ~(*´д`*)



リアフェが流れていたときにレジ待ちしていた子供が(女の子の姉妹、2人)歌ったときあまりに可愛くて、どうしようかと思いました(笑)
(顔のパーツが緩みまくった(笑))
それにめちゃくちゃニコニコしててさらに可愛い

リアフェって発売から四年ぐらい経つと思うんですけど、小学生の低学年の子からしたら、幼稚園のときとかその時ぐらいにはリアフェを聴いていたってことになるんですかね??

実はKAT-TUNの曲って子供たちに受け入れられやすいのかな?


ってか、リアフェがこんなに可愛い曲になるとは、子供の力…恐るべし!!(笑)



後、このKAT-TUN曲を店内で流すことによって色々と発見出来たことがあり…


ファンしか知らないような曲を男子高校生とかが歌っていたのには驚きでしたね
(ってか、お客さんが歌ってる率、めちゃくちゃ高いぞ、うちの店(爆)←そんなもん??)


一時期、アルバム曲を流してた時に、butterflyを熱唱してる男子高校生ぐらいの客さんがいて、何で知ってるのか、本当に尋ねたくなりました(笑)

それと同時に、男性にもファンがいるんだと嬉しくなったりする瞬間です


後、女子中学生(JC(笑))に、KAT-TUNが人気で曲を流してるとKAT-TUNトークをしてる人を良く見かけ、こっそり立ち聞きしています(爆)

ここじゃ書けないこともあるけど、何かと共感したり、発見したりで楽しいです(笑)

ちなみにYouには松潤の歌声が常に聞こえるようです(笑)
(嵐ファンからの一言)(笑))


あぁ、もう本当に伝えることができるなら、このことをKAT-TUNに伝えたいな(><*)

本当に子供達がKAT-TUNの曲を楽しそうに歌っているんですよ

子供好きの仁とかめっちゃ、嬉しいだろうなぁって思うんです




こんなに長く、雑談する気なかったんですけど、ついあまりにも子供たちが可愛かったんで……はい、すいませんm(_ _)m




さてさて、私が放置している間にちょこっと色んな情報やらがありましたね。



一番、衝撃が大きかったのはカツカツの放送終了のこと。


全然触れていなかったけど、ファンの私たちからしたら大きな幕閉じ。

大々的に発表されたり、カツカツ最終回が終わったらこの場でもきちんとふれたいと思います。

ってか次のカツカツは仁とじゅんのでダブルデートですね。

予告みましたか?
愛カツ見ましたか?


ハーフ美女と手繋ぎでデレデレな仁……。

何これ、凄いリアル

久しぶりで最後の仁のロケがこれか


私、この手のロケが正直苦手です

ウィンターデートとか仁じゃないから楽しく見れていたけど、これが仁なら結構ヤキモチ焼いてグダグダ言ってただろうから安心していたんですけどね…

最後だし感じ方も変わってくるかな?
結局、可愛いとか言ってるかもしれないけど、
愚痴っていたらすいません





あとあと、他にもKAT-TUNのレギュラーCMが契約が切れて打ち切りになったりとファンには寂しいことが続くと思いますが…
始まりがあれば終わりがあり、また終わりがあれば始まりもあり…
春の訪れとともに新たな出発が近づいてると前向きに捉えています

いろんな思いが残るのが本当のところだけど
進んでいくために必要な終わりもあると思います。


色々なことを経験していき、色んなモノを感じて…共に生きていく、だからこそ人生は素晴らしい

今日のヤマナデを見て、ヒシヒシ感じるものがありました。


次はもう最終回で亀ちゃんもそろそろクランクアップかな?

最後まで無事に撮影が終了することを願って最後を楽しみにしたいです


では~またいつになるか分かりませんが出てきます

無力な私に出来ること

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
赤西仁 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あの頃を思い出して

こんばんは~!!


すっごく書いておきたかった雑談があるんです(笑)


私が働いてるお店ではこのごろ、ずっとKAT-TUNの曲が流れているんです

しかもリアフェからの歴代のシングルが順番に掛かり、Dモで終わる!
(YOUも入ってたか)


初めてこの先輩がコピーしてきたCDを流したとき、仕事中にもかかわらず泣きそうになるのを耐えましたよ(><*)


シングルリリース順に曲が流れるってことは
今までの思い出も蘇ってくるということで…
「僕らの街」が流れたとき、何かがプツンと私の頭の中で切れて、本当に半泣き状態でした
(久しぶりに聴くとヤバいなぁ(泣))


「いつか夢の近くまで行けるのかな?」ってところがもう本当にダメでした


仁のソロコン、千秋楽前ぐらいに久しぶりにこの曲の思い入れの深さを思い出しましたね。


今年は仁の夢が叶っていった年でもあり、余計にこみ上げてくるものがあり……こんな今に凄く感謝しました


後、凄く不思議なことに私の働いてるお店の食料品のお菓子コーナーに+XのKAT-TUNのポスターが貼ってあるんですけど。


何でか仁が留学してた頃の期間5人組のKAT-TUNで、めちゃくちゃ驚きました

5人の顔の表情が何とも言えないくらいに曇っていて亀ちゃんと聖なんて、本当に疲れていてげっそりしていたんですよね

今の六人があまりにも笑顔で自然体で充実しているからか、余計に比較できポスター見た瞬間「何、これ……」って呟いてしまった。

もうかれこれ、あの頃から4年が経つのかな…??

今の仁やみんなを見ているとあの頃のことなんてちょっり忘れていた自分がいました。

留学していた時期があったことは忘れていないけど、残された5人の頑張りをちょこっと忘れそうになっていた自分がいました



仁が映画に出演できたこと、仁がソロライブまで出来るようになったことの大前提にはあの留学があり、五人の頑張りと居場所をちゃんと残してくれた彼らの優しさあったから。



仁は覚えてるのかな?
「5人にはしなくてもいい苦労をさせてしまって…」って言ったこと。


夢の近くまで行けたことは自分の力あってのことだけど、支えてくれている人がいたからこそですよね。

仁だから、ちゃんとわかっていると思うけど
ソロライブが大成功で終わったこと、5人への感謝の気持ち抱いてるかな?

もう何年も経ったことだからあんまりグダグダと語らないけど…

5人にはどれだけ感謝しても足りない。

ちょっと忘れかけた自分に腹がたったけど、
これからもそっと心に留めておこう。



こうして、みんなが笑っていることの幸せを。

幸せの源を。





本当にありがとう(*^^*)

心から伝えたい

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
赤西仁 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ご協力お願いします!!!


友&仁のコンセプトと言えば世界平和、WorldPeaceですよね。

仁が以前雑誌などで募金をしてるって話からそう言うことに関心があることは知っていたんですけど、今回のソロライブでどれだけ彼が世界平和を望んでいるのか伝わってきました。

だから私も今までより世界のことへ目を向けるようになり……。

今、自分でも何かできることがないかと考え、昔、世界にいる恵まれない子供たちのことを題材として少し学んでいたことを思い出しました。



私がその時に凄く印象に残っている言葉があります。

「三秒に1人の計算で、世界中には飢えや病気で亡くなっている子供達いる」


日本にいると実感できないことだと思いますが、これが現実であり

世界中の約8割が途上国になり残りの二割が日本を含めた先進国。

その途上国と言われる国の人々は毎日、命の危機で脅かされている状態です。


例えば学校に通えなかったり、きれいな水が飲めない、ワクチンや予防接種ができない……沢山の問題があり日本に生まれてきた私たちにはどれも経験する事がないようなことが普通に起こっている。
(実際にユニセフ協会(だったと思います(汗))に行ったこともあり、子供達のリアルな生活を少し体験したこともります。)


仁が世界平和に目を向けたのがきっかけでありますが、私も何かできることがあればやりたいと素直に思いました。


そこで思いついたのが、クリック募金です

名前の通り、ワンクリックするだけで募金できます。


もちろん、自分自身お金を払うこともありませんし、クリックするだけで毎日、一円の募金ができます(^^*)
(1日ワンクリックのみです。)


空き時間などを使って手軽に募金ができ、毎日クリックし続けると365円です☆


少ないと思われた方もいるかと思いますが、この一円が凄く大きな役割を果たしてくれます。


ユニセフ募金でできる支援一例

1円
ビタミンA欠乏症やはしかによる合併症を予防・治療するための、ビタミンAカプセル1錠。

7円
急性の下痢による脱水症から子どもの命を守る経口補水塩1袋。

16円
ポリオ経口ワクチン1回分

63円
1錠で4~5リットルの水を浄化できる浄化剤50錠。これにより、子どもたちが安全に水を飲んだり、洗いものをすることができる。

105円
子ども2人分のえんぴつとノート

105円
HIV/エイズ簡易診断キット、1キット。生後18カ月の乳幼児からおとなまで使用可能

332円
子どもを寒さから守る、大きめのウール製毛布1枚

2,100円
緊急事態下の栄養不良の子どものために特別に開発された、高カロリービスケット20箱(包み)

10,500円
開発途上国の子どもの命を奪う主な病気の1つ、はしかから子どもを守るための予防接種用ワクチン500回分


※以下のクリックサイト、dff様から日本製粉株式会社様が私たちに代わってユニセフへ募金をしてくれます。





募金が全てじゃないですが、ワンクリックで救える命があり、子供達に夢(光)を与えることができます。

このワンクリックがきっかけで、ほんの少しでも多くの子供達の未来が変わりますように

少しの方が協力して下さることで、本当にたくさんの人の命を救うことや生きることへの希望に繋がると思い、ここでも募金のご協力を呼び掛けさせてもらいたいと思いました(>_<)


募金は強制でも何でもありませんので興味のある方は以下のサイトからご協力お願いします。
(ケータイやパソコンからアクセスすることができますが、パソコンからサイトを開く方が、たくさんの種類のワンクリック募金ができます。)


世界の子供達のことばかり書いてしまいましたが環境問題などの募金もあります。






これからの未来や世界中の平和を願って
誰もが幸せな毎日を過ごせますように。


仁が望む世界平和へと少しでも近づきますように。





クリック募金のイーココロ!


携帯からクリック募金


dff.jp


コニカミノルタ - GLOBE BANK

KDDI クリック募金 キボウのカケラ




こんなところまで読んで下さりありがとうございました


ご協力下さった皆様の優しい心にたくさんの幸せが訪れますように

まだまだ陶酔中

こんばんは、イチゴです


友&仁が終わってから数日、経ちましたね。


KAT-TUNコンでもオーラスが終わると、この独特の余韻に何ともいえない感じになるんですが、今回も見事にそうなっています
(気がついたら泣きそうになってます←ってか泣いた(爆))


もちろん、寂しさもあるけど、何だろう……やっぱり気がつくとありがとうって言葉が浮かんでは消えて、私が参戦した時の仁の笑顔とかダンスしてる姿が想い出しては、溢れ出してくる心地良い思いが愛しくて、涙です(>_<。)



お友達から教えてもらったけど、ダンサーさんの方々、有閑倶楽部の時の監督さん、色んな方が仁のソロライブに寄せるリアルな思いにまた感動でした

本当にたくさんのたくさんの人に愛されていますよね。

何度も何度も言ってきたけど、これほど実感したのは初めてかもしれない。


素敵な仲間とファンが彼の周りにはいて、
だからこそ彼の心からの笑顔が見れて、本当に素晴らしいステージでしたよね。


あぁ、今何してるのかな?

大好きな二度寝できてるかな?

友達とゆっくりリフレッシュできてるかな?


あれだけのものを造り上げた上に、映画のプロモーション、新曲リリース。

私も、物作りの大変さはイヤほど分かってるし、仁の見えない裏の努力を本当に褒めたい。

私も去年、卒業制作で3ヶ月に渡って作品を仕上げたことがあって、あの時のしんどさを思い出すだけで、身震いが出るしもう二度と味わいたくないな


作る作業が好きだと言ってたけど、体力的に凄い辛かったこともあったはず。

時間がないと休むことすらできなくて、ひたすら時間に追われる日、そんな時もあったと思う。


どれだけの時間、作品に費やすことができるか。
例えば“ちょっと寝よう”って甘えた心が出て誘惑に負けるとそれがどれだけ出来上がりに影響するか知ってるだけに、仁の頑張りを本当に感じます。



手間ひまかけたものだからこそ愛着もわくし、妥協しない分だけ、披露してる時は本当に楽しくて気持ちよかっただろうし、ファンのみんなもそれを楽しんでくれて、嬉しかっただろうし、仁にとって幸せ過ぎるソロライブでしたよね



それを私たちファンが誰よりもわかっているから余計に嬉しくて、嬉しくて



みんな、みんな幸せを分かち合える、本当に素晴らしい時間だったなぁってヒシヒシと感じます


いっぱい語りたいことあるけど、ひとまずここまでにしておきます(笑)




以下は、友&仁にちょこっと関係することです♪
プロフィール

カオリ

Author:カオリ
ブログ訪問ありがとうございます≧∀≦♪
赤西仁君が大好きなカオリのブログです★☆
※2012年、5月に管理人の気分により改名致しました!


仁君への想いを恥ずかしながら正直に綴ることを
モットーにしています(≧∀∩)
こんな私ですがどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

★☆お友達も募集しています☆★
コメントやメールもお気軽にどうぞ(^^*)
レスは遅くなるときもありますが(汗)
必ずさせてもらいます♪♪

※コメントは認証制ですのでご了承下さい。
管理人の判断でブログのコメントとして
相応しくないものは削除させて頂きます。



ジャニーズブログランキング

ランキング参加しています(*^^*)
よろしくお願いします








★☆クリック募金☆★

仁が望むこれからの未来...WORLD PEACE(世界平和)のために
今、私たちが出来ることを!!
興味がある方はこちらの方も一度目を通して下さると嬉しいです。
どうぞ、ご協力お願いします(><*)













クリックで救える命がある。
























カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
゜+☆Thanks for coming☆+°
☆★管理人カオリへメール★☆
お問い合わせなど、お気軽にどうぞ♪(*^^*)

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。